2016年04月29日 (金)

国内最大規模の鉄道博物館 京都にオープン

K10010503561_1604291307_1604291314_01_03.jpg

大型連休初日の29日、京都市で国内最大規模の鉄道博物館「京都鉄道博物館」がオープンし、大勢の親子連れや鉄道ファンなどでにぎわっています。

「京都鉄道博物館」は、JR西日本が京都市下京区に造り、合わせて53の車両を展示するなど鉄道博物館としては国内最大の規模です。
オープン初日の29日は開館前から大型連休を利用して訪れた親子連れなどおよそ2000人が並んで混雑したため、午前9時の開館時間を10分早めました。
施設内には、世界で初めて時速300キロでの営業運転を実現した新幹線の500系や、引退した寝台特急のトワイライトエクスプレスが展示されていて、大勢の人がカメラを構えていました。
また、運転士が練習に使うシミュレーターを体験できるコーナーでは、抽せんで選ばれた子どもたちが運転士の制服や帽子を身につけ、制限速度や停止位置までの距離を見ながら、一生懸命、操作していました。
館内には幅30メートル、奥行き10メートルの大きなジオラマもあり、新幹線や在来線の模型が行き来するのを大勢の人が見入っていました。
奈良県橿原市から来た6歳の男の子は「新幹線の500系を見に来ました。かっこよかったです。また来たいです」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:12:40  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲