2016年04月29日 (金)

"世界最速 走る美術館" 新潟県内で運行始まる

K10010504261_1604292057_1604292115_01_03.jpg

車内で絵画や映像などの現代美術を鑑賞することができる新幹線、「現美新幹線」が29日から新潟県内の上越新幹線で運行を始め、最初の列車が越後湯沢駅から出発しました。

この新幹線は、JR東日本が世界最速の「走る美術館」として企画したもので、車体には写真家の蜷川実花さんが撮影した夜空を彩る色鮮やかな長岡花火が描かれているほか、車内には8人の現代芸術の作家による絵画や写真などが展示されています。
29日は運行開始を祝って、越後湯沢駅のホームで出発式が行われ、関係者たちがくす玉を割って新幹線の運行開始を祝いました。駅のホームには乗客のほかに、珍しい新幹線を一目見ようと家族連れなど多くの人が集まり、斬新な装飾に感心しながら記念写真やビデオを撮ったりしていました。
埼玉から家族と一緒に新幹線を見に来た小学生の男の子は、「黒い色をしていてとてもかっこいいです。いつか乗ってみたい」と話していました。
また、1番列車に乗る男性は「長岡花火が描かれた車体は、迫力があります。とても楽しみです」と話していました。
このあと、新幹線は高らかに警笛を鳴らし、関係者や多くの見物客が見送るなか、新潟駅に向けて出発していきました。JR東日本によりますと、「現美新幹線」は29日からから土曜日と日曜日、それに祝日を中心に上越新幹線の新潟駅と越後湯沢駅の間を1日に3往復するということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:34  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲