2016年05月05日 (木)

市川染五郎さんの新作歌舞伎 ラスベガスで初日

K10010509271_1605050605_1605050609_01_03.jpg

歌舞伎俳優の市川染五郎さんがアメリカ・ラスベガスで行う新作歌舞伎の公演が、現地時間の3日、初日を迎えました。

ラスベガス公演は、歌舞伎の魅力を世界に発信しようと、市川染五郎さんが主演を務め去年から行われていて今回が2回目です。
演目は、新作の「獅子王」で、獅子が子どもを石橋から突き落としてはい上がるのを見守る、「石橋(しゃっきょう)」の物語をもとに、子どもの獅子が化け物を倒すまでの苦難を描いています。
宙乗りや早変わりなど古典的な歌舞伎の技法を使った見せ場に加え、大音量とともに激しく動き回る大蛇が登場するなど、迫力ある立ち回りと映像の競演に客席から大きな拍手があがっていました。
初日を終えた市川染五郎さんは「映像が歌舞伎の1つの演出方法となるような予感がしています。今回がその第一歩です」などとコメントしました。
ラスベガスでの公演は、現地時間の今月7日まで毎日開かれる予定です。

投稿者:かぶん |  投稿時間:09:37  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲