2016年05月12日 (木)

演出家の蜷川幸雄さん 死去

K10010518401_1605122056_1605122100_01_03.jpg

古典作品から現代劇まで幅広い舞台の演出を手がけた日本を代表する演出家で、文化勲章受章者の蜷川幸雄さんが、12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため亡くなりました。80歳でした。

蜷川幸雄さんは昭和10年、埼玉県川口市で生まれました。
昭和44年に「真情あふるる軽薄さ」で演出家デビューし、大学紛争のなか小劇場を舞台に斬新な演出で体制を批判して、演劇界に新風を吹き込みました。
その後、昭和49年に日生劇場でシェークスピアの「ロミオとジュリエット」を演出し、商業演劇に活動の場を移して人気演出家となりました。大胆な解釈のシェークスピアやギリシャ悲劇など海外の古典作品から日本の現代作家の作品、さらには歌舞伎まで幅広いジャンルの作品を手がけ、時代を鋭く映し出すとともに躍動感あふれる演出で人気を集めました。特に、「マクベス」や「リア王」など数多く手がけてきたシェークスピアでは、舞台を日本に移して日本の美意識で彩るなど、その演出は本場ロンドンをはじめ海外でも高い評価を受け、「世界のニナガワ」と評されました。また代表作の1つ「近松心中物語」では、近松門左衛門の古典を現代劇にすることを目指し、浄瑠璃の代わりに演歌を流すなど斬新な演出で注目を集めました。
また、蜷川さんは厳しい稽古で若い俳優の才能を開花させることでも知られたほか、中高年のみの劇団を創設するなど、多彩な人材を育成して演劇文化の発展に力を尽くしてきました。こうした功績が評価され、平成16年には文化功労者に選ばれ、平成22年には文化勲章を受章しています。
蜷川さんは70歳を超えてからも、東京・渋谷の劇場、シアターコクーンや埼玉県芸術文化振興財団の芸術監督を務め、毎年10作前後を演出するという驚異的なペースで仕事をしてきました。平成21年には軽い脳梗塞を起こしたのに加え、糖尿病や重い肺気腫を患うなどしましたが、車いすで酸素のチューブをつけながら演出を続けていました。しかし、去年の年末に自身の半生を題材とした舞台の稽古中に体調を崩して入院し、ことし2月の公演を延期していました。
蜷川さんは12日午後1時25分、肺炎による多臓器不全のため、80歳で亡くなりました。
通夜は今月15日に、告別式は今月16日に、いずれも東京の青山葬儀所で執り行われる予定となっています。

蜷川実花さん「かっこいい父でした」

蜷川幸雄さんの長女で写真家の蜷川実花さんは、12日午後、インターネットのSNS「インスタグラム」に窓越しに花を写した写真とともに「今日、父が逝ってしまいました。最期まで闘い続けたかっこいい父でした。父の娘でいられたことを誇りに思います」というコメントを投稿しました。

渡辺謙さん「あの情熱を心に刻み受け継ぎたい」

蜷川幸雄さんが演出した舞台、「下谷万年町物語」やシェークスピアの「ハムレット」に出演した俳優の渡辺謙さんは、「心配しておりましたが訃報を聞き本当に残念です。僕にとっては最初の演出家です。永遠の演劇青年の姿しか記憶にありません。よく怒られましたが、その熱さにいつも魂を揺さぶられました。あの情熱を心に刻んで受け継ぎたいと思っています。ご冥福をお祈り申し上げます」とコメントを発表しました。

市村正親さん「感謝しきれない」

蜷川さん演出のシェークスピアの舞台「ハムレット」や「NINAGAWA・マクベス」などに主演した俳優の市村正親さんは、「50歳でリチャード三世で初めて演出していただきました。その後、ハムレットを53歳。イチでハムレットをやりたいと言われ、こんなに光栄なことはありませんでした。そして蜷川さんの代表作NINAGAWA・マクベスをやらせていただきました。こん身の魂からの演出に心から感謝です。最後の演出でしたが、ニーナと出会うことができて、本当に役者としてシェークスピア俳優にさせていただきました。感謝してもしきれません。運命を呪います。しかし、現実を受け止め、これからは天国からの演出に心を傾けたいと思っています。悔しいです!淋しいです!」というコメントを発表しました。

平幹二朗さん「名は永遠に消えない」

「王女メディア」や「リア王」など蜷川幸雄さん演出の舞台に数多く出演した俳優の平幹二朗さんは「とうとうその刻(とき)が来てしまいました。あなたは私の演劇生活の中で最高の相棒でした。数え切れないあなたとの作品は私の宝物です。日本のいや世界の演劇界でトップに登りつめたあなたの名は永遠に消えることはありません。今はあなたの内にある怒りと熱情を安らげて下さい」とコメントを発表しました。

大竹しのぶさん「一生の宝物頂いた」

蜷川作品の常連で、数多くの舞台に出演してきた女優の大竹しのぶさんは、「今はただ感謝の言葉しか浮かんできません。蜷川さんと出会えて、本当に幸せでした。『俺たちは、同志だから』と言ってくださったこと、『世界を目指そうよ』と言ってくださったこと、『それじゃあ普通の役者でしょ?許さないよ、もう1回』と言ってくださったこと忘れません。体調を崩してからお創りになった、リチャード二世。その芝居に流れるエネルギーと美しさ、素晴らしいです。と、お伝えしたら、『俺もう日常捨てたから、稽古場だけで生きるから、だから、さあ、もう一本何か創ろう、急いで!』。その約束は果たせなかったけど、演劇人として一生の宝物を頂きました。それは、私の中で色あせることなく輝き続けます。だから、だから、ありがとうございました。やっとやっと、ゆっくり休めますね。本当に、本当にありがとうございました」というコメントを出しました。

市川猿之助さん「敬意と憧憬の念」

蜷川幸雄さんの演出した舞台で、平成19年から4度にわたって主演などを務めた歌舞伎俳優の市川猿之助さんは、「劇界の異端児として、一緒に戦いを挑み続けようと、固い握手を交わした事が忘れられません。はげしく生きられた蜷川さんに敬意と憧憬の念を捧げます」とコメントを発表しました。

吉田鋼太郎さん「この現実を受け止められない」

蜷川幸雄さんが演出したシェークスピアの舞台、「リア王」や「オセロー」に出演した俳優の吉田鋼太郎さんは「偉大な演出家であり、最大の恩師であった蜷川さんの訃報にことばが見つかりません。今はまだこの現実を受け止められておりません」とコメントを発表しました。

高橋惠子さん「大きな柱を失った」

蜷川幸雄さんが演出した「近松心中物語」で舞台に復帰し、合わせて4本の舞台に出演した女優の高橋惠子さんは、NHKの取材に対し、「びっくりして言葉になりません。蜷川さんは舞台に遠ざかっていたときに復帰させてくれた恩人で、舞台のおもしろさを教えてくれました。大きな柱を失った気持ちで、まだ実感がわきません」と心境を語りました。
また、蜷川さんの人柄について「厳しいといわれますが、根はシャイな優しい人です。稽古場には必ず早く来て、出演者と飲みに行くこともなく、どこまでもストイックに芝居と向き合っている様子が伝わってきました」と振り返りました。そして「最後の最後まで舞台に関わって、よりよいものを探求されていました。本当に残念です。ゆっくり休んで欲しいです」と話していました。

宮沢りえさん「感謝しかない」

蜷川幸雄さんが演出した舞台に出演したことのある俳優の宮沢りえさんは「自分の言葉をどれ程掻き集めても、足りないほど悲しいです。でも、蜷川さんはそれを乗り越えるための滾(たぎ)る想いと、志を与えて下さいました。ただただ、その事に感謝しかありません。どうぞ天国にいらしても、私たちの心にゲキを飛ばし続けて下さいますように」というコメントを出しました。

小栗旬さん「現実を受け止められない」

蜷川さんに舞台の才能を見いだされ、多数の作品に出演している俳優の小栗旬さんは「正直、まだ現実を受け止められないでいます。『ムサシ』以来、7年ぶりの公演を今年秋に予定しており、ついにまたご一緒出来る、叱っていただけると心の底から楽しみにしておりました。ご冥福をお祈りいたします。でも、辛いです。『おい!小栗。何やってんだよ!』という声が聞こえないのは」というコメントを出しました。

野田秀樹さん「僕のヒーロー」

蜷川幸雄さんが演出した作品の台本を手がけるなど、深い親交のあった演出家で劇作家の野田秀樹さんは、16歳の時に初めて蜷川さんの舞台を見たということで、「舞台を見てとてもショックを受けました。それ以来、蜷川さんは僕のヒーローでした」と当時を振り返りました。
また、11日夜、都内の病院に入院していた蜷川さんのもとを訪れたことを明かし、「具合が悪いことは知っていましたが、周りから『野田さんが行けば目を開けるんじゃないの』と言われ、強引に病室に行きました。目は開けてくれませんでしたが、『野田が来たよ』と声をかけたら、人工呼吸器を付けながら『ウー、アー』と言って応えてくれたような気がしました」と話しました。蜷川さんのベッドのそばには、これから演出する予定だった3冊の台本が置かれていたことも明かし、「あれだけエネルギーを振りまいてきた人はけうだと思います。とにかく頭のいい人で僕と話していて何でも通じる、数少ない人でした。僕と蜷川さんは20歳の年の差がありますが、僕も20年後にあのくらいのエネルギーを持って舞台をやれるかと思うととても励みになります。また悪態をついて蜷川さんに『うるせー』と言われたかったです」と話していました。

宮本亜門さん「日本の創作力を世界に知らしめた」

蜷川幸雄さんが亡くなったことについて、交流のあった演出家の宮本亜門さんは「日本の創作力をこれほど世界に知らしめた演出家はいません。『俺はこんな苦労してモノクロで革命を起こしているのに、何で亜門はカラフルにそれができるんだ』とおっしゃっていましたが、これほど見事に日本の魅力を力強く、大胆に、美しい革命を世界に見せつけたクリエーターはいません。心からご冥福を祈ると共に、蜷川さんが全身全霊で伝えてくれた、生きるパッションとクリエーションの力を自分なりに精いっぱい受け継ぎたいと思います」とコメントを発表しました。

平田オリザさん「常に前進する人」

蜷川幸雄さんが亡くなったことについて、交流のあった劇作家の平田オリザさんは「蜷川さんは日本の演劇ファンが、『蜷川さんの演出だから見に行く』といった具合に、演出家の名前でお芝居を見に行くようになった最初の人だったのではないか。また、日本の演出家が海外で仕事をするようになった最初の人でもあったと思う。どんなに大家になっても常に若手から新しいものを吸収しようとする方でした」と述べました。そして、「最後までこれから作る作品を抱えたまま亡くなったことは非常に無念だったと思うが、演劇人、蜷川幸雄を象徴していると思います。常に前進する人でした」と話していました。

埼玉県の芸術文化振興に大きな功績

埼玉県川口市で生まれた蜷川幸雄さんは、ふるさと、埼玉県の芸術文化の振興に大きな功績を残しました。
さいたま市中央区にある「彩の国さいたま芸術劇場」で、シェークスピアの全作品のシリーズ公演に取り組み、平成18年には、この劇場を運営する埼玉県芸術文化振興財団の芸術監督に就任しました。
その後、「人生の深みを感じる芝居を作りたい」とみずから主宰して、55歳以上の人たちによる演劇集団「さいたまゴールド・シアター」を結成しました。
一方で、次代を担う若手の実力派俳優を発掘する目的から若手の演劇集団「さいたまネクスト・シアター」を発足させました。いずれも、さいたま芸術劇場を舞台に演劇の指導や公演を行い、ふるさと、埼玉県の芸術文化の振興に大きな功績を残しました。

「さいたまゴールド・シアター」メンバーは

蜷川幸雄さんは演劇の経験を問わずに55歳以上の中高年の人たちだけを対象にした演劇集団「さいたまゴールド・シアター」を平成18年に立ち上げました。
最高齢のメンバーとして活動している埼玉県新座市に住む高橋清さん(88)は「指導の厳しさで知られる蜷川さんだが、年上の私には決して声を荒らげることはなくもっと怒ってほしいくらいだった。稽古では舞台の上のほうから下のほうまで歩き回ってメンバーの立ち位置など細かいところまで指導していたのが印象的でした」と蜷川さんとの思い出を振り返りました。また、「ことし3月にほかのメンバーと都内の病院に見舞った際に『俺も頑張る』と話していたのが最後でした。蜷川さんの体調不良で延期されていた舞台を一緒にできなかったのが心残りです」と話していました。そのうえで、「私たちの宝を失ってしまい残念です。私たち高齢者を生き生きと活動させてもらい、蜷川さんにはお礼を言い尽くせません」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:51  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(1) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(1)

夜空に光っていた月が消えたように、淋しいです。

蜷川さんに薫陶を授かった方に、蜷川さんの匂いを少しでも残していただけたらと願っています。

心から御冥福をお祈り申し上げます。

投稿日時:2016年05月13日 08:57 | 雪うさぎ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲