2016年05月26日 (木)

大河ドラマ「おんな城主直虎」の出演者発表

K10010535881_1605261747_1605261753_01_03.jpg

女性でありながら男性の名前を名乗り戦国の世を生き抜いた井伊直虎の生涯を描く、来年放送のNHKの大河ドラマ、「おんな城主直虎」の新たな出演者14人が発表されました。

「おんな城主直虎」は、戦国時代に現在の静岡県で井伊家の一人娘として生まれた実在の女性が、「直虎」という男性の名前を名乗って乱世に立ち向かう姿を描くドラマで、NHKの連続テレビ小説「ごちそうさん」を手がけた森下佳子さんが脚本を担当します。
26日、東京・渋谷のNHK放送センターで新たな出演者14人が発表され、すでに主人公の直虎役に決まっている柴咲コウさんも出席して、記者会見が開かれました。
新たな出演者のうち、直虎の父親、井伊直盛役は杉本哲太さん、母親の千賀役は財前直見さん、直虎のいいなずけ、井伊直親役は三浦春馬さん、盗賊団の頭、龍雲丸役は大河ドラマ初出演となる柳楽優弥さんが演じます。
会見で柴咲さんは「共演したことがある俳優さんもいて、すでに心強さを感じています。その心強さを糧に作品を実直に作っていきたいです」と意気込みを語りました。
また、杉本さんは「戦国時代の武将でありながら、一人娘の父親であるという部分もうまく出せたらいいなと思います」と話していました。
大河ドラマ「おんな城主直虎」は、来年1月から1年間放送される予定です。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:45  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲