2016年05月30日 (月)

建て替え後の歌舞伎座で「宙乗り」初披露へ

K10010540571_1605302203_1605302204_01_03.jpg

来月、東京・歌舞伎座で行われる公演で、3年前に建て替えられてから初めて、「宙乗り」と呼ばれる体を宙づりにする演技を、歌舞伎俳優の市川猿之助さんが披露することになり、30日、テストが行われました。

東京・銀座にある歌舞伎座は、老朽化に伴って3年前の4月に建て替えられました。
来月2日から始まる「六月大歌舞伎」では、リニューアルしてから初めて、「宙乗り」を市川猿之助さんが披露することなり、30日、実際の舞台でテストが行われました。
若手の歌舞伎俳優が宙づりになって、およそ10メートルの高さまで引き上げられたり、3階席に向かって空中を移動したりする動きをテストし、本番で演技する猿之助さん本人は、客席のほぼ中央に座って、どのように見えるか確認していました。
来月2日から26日まで行われる「六月大歌舞伎」の演目は、歌舞伎の名作「義経千本桜」で、宙乗りは第三部で披露されます。

投稿者:かぶん |  投稿時間:22:04  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(2) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(2)

え~、そうなんですか!?
先代猿之助さんの時はよく右近さんが動きのテストされてましたよね
私は11日に行くので楽しみではありますが、三部制になって演目が少なくなったのが不満です、ここだけの話(笑)

投稿日時:2016年05月31日 10:07 | 更紗

6月11日に続いて、今日(7月10日…、もちろん投票に行ってから(^^;))も歌舞伎座行って来ました! 猿之助さん、また宙乗りされてました、どんだけ宙乗りお気に入りなんだ!?(笑) 

投稿日時:2016年07月10日 20:57 | 更紗

コメントの投稿

ページの一番上へ▲