2016年06月04日 (土)

インドネシアで日本プロデュースの女性アイドル

K10010546601_1606042335_1606042338_01_03.jpg

日本のポップカルチャー人気が高まるインドネシアで、日本の大手芸能プロダクションなどがプロデュースした地元女性のアイドルグループがデビューし、エンターテインメント業界への進出が活発化しています。

デビューしたのは、インドネシア人女性13人のアイドルグループ「少女コンプレックス」で、日本の大手芸能プロダクションや「クールジャパン」を推進する官民ファンドなどが出資する合弁会社がプロデュースしました。
ジャカルタ近郊のショッピングモールで、4日午後、グループが初めてのステージを披露し、日本のアイドルと同じような振り付けや衣装を取り入れながら、日本語とインドネシア語の両方で曲を歌い上げると、集まった数百人の観客から大きな歓声が上がっていました。
インドネシアでは、アニメなどの日本のポップカルチャーの人気が高まっていて、グループは今後、日本のアイドル専門のテレビ番組への出演やポップカルチャー関連のイベントなどを通じて、ファンを増やすことにしています。
インドネシアではすでに、AKB48の姉妹グループ、JKT48が人気を集めるなど、エンターテインメント業界への日本からの進出が活発化しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:23:38  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲