2016年06月06日 (月)

詩人・吉増剛造さんの特別展 7日から

K10010548141_1606061931_1606061944_01_02.jpg

現代の日本を代表する詩人で、幅広い表現に挑戦してきた吉増剛造さんの特別展が7日から東京の美術館で始まります。

吉増剛造さんは昭和39年に詩集「出発」でデビューして以来、50年以上にわたって現代の日本を代表する詩人として活躍しています。東京・千代田区の東京国立近代美術館で吉増さんの特別展が始まるのを前に、6日、内覧会が開かれました。

このうち、写真とことばを組み合わせた作品は、吉増さんが長年取り組んできたもので、「多重露光」という方法で撮影された花や風景などの写真に短いことばが添えられています。また、「怪物君」という作品は、東日本大震災をきっかけに制作されたもので、つなぎ合わせた原稿用紙に細かい文字で書かれた詩や抽象的な絵が入り乱れるように並んでいます。このほか、自筆の原稿やテープに録音された創作メモなど、吉増さんの表現にかける思いを知ることのできる品も展示されています。

吉増さんは「東日本大震災を目の当たりにして、改めて社会の非常時に詩人がどう応えるべきか考えました。その過程を見てもらいたい」と話していました。この展覧会は、東京・千代田区の東京国立近代美術館で8月7日まで開かれています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:44  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲