2016年06月24日 (金)

上半期シングルCD売り上げ AKB48が1・2位独占

この半年間にリリースされた音楽CDの売り上げ枚数のランキングが発表され、シングルCDでは、アイドルグループ・AKB48が6年連続で上半期の1位と2位を独占しました。

音楽ソフトの売り上げを調べているオリコンは、今月12日までのことし上半期のシングルCDやアルバムなどの売り上げ枚数のランキングを発表しました。
このうちシングルCDでは、1位がAKB48の「翼はいらない」で、メンバーの人気投票、いわゆる「選抜総選挙」に参加できる特典がついていて、売り上げ枚数は148万枚でした。2位もAKB48の「君はメロディー」で、売り上げ枚数は129万枚と、1位、2位のいずれも100万枚を超えました。これで、AKB48は6年連続で上半期の1位と2位を独占したことになります。
また、アルバム部門では、人気ダンス・ボーカルユニット・三代目 J Soul Brothersの「THE JSB LEGACY」が61万9000枚で1位となりました。三代目 J Soul Brothersは、DVDや音楽ソフトの総売り上げなども合わせ、5つの部門で1位となっていて、メンバーは「このような光栄な結果を頂けて本当に感謝の気持ちでいっぱいです!これからも皆さんのご期待に応えられるようにさらに頑張りたいと思います」とコメントしています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:19  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲