2016年06月26日 (日)

京都迎賓館 通年で一般公開へ

K10010572091_1606260459_1606260500_01_03.jpg

政府は、外国人旅行者のさらなる増加につなげたいとして、海外の賓客らをもてなすために使われている京都迎賓館について、来月21日から、外交行事などに支障が出ない範囲で、年間を通じて一般に公開することにしています。

京都迎賓館は、海外の賓客らに日本文化や歴史に対する理解を深めてもらうため、平成17年に京都御苑のなかに建設されました。通常は公開されておらず、毎年夏に10日間程度、申し込みをして抽せんで選ばれた人を対象に、公開されてきました。
こうしたなか、政府は、外国人旅行者のさらなる増加につなげたいとして、ことし4月下旬から5月上旬にかけて、京都迎賓館で、事前の申し込みが必要がない試験的な一般公開を実施したところ、延べ2万人が訪れたということです。
これを受けて、政府は、来月21日から外交行事などに支障がない範囲で、京都迎賓館を年間を通じて一般に公開することにしています。参観できるのは中学生以上で、大人は1000円、中学生と高校生は500円の入館料が必要です。1日に最大で2000人まで入館が可能だということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:51  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲