2016年06月29日 (水)

来年春の連続テレビ小説は「ひよっこ」 主演は有村架純さん

K10010576741_1606291716_1606291717_01_03.jpg

来年春から放送が始まるNHKの連続テレビ小説は、戦後の高度経済成長の時期に茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描く、「ひよっこ」に決まりました。ヒロインは、若手人気女優の有村架純さんが演じます。

連続テレビ小説として96作目となる「ひよっこ」は、東京オリンピックが開かれた昭和39年から始まる物語です。東京に出稼ぎに出たままいなくなった父親を捜すため茨城県の山あいの村から「金の卵」として集団就職で上京した女性が下町の町工場などで働き、自らの殻を破って成長する姿を描きます。
ヒロインには、若手人気女優の有村架純さんが選ばれました。有村さんは兵庫県出身で、6年前に女優としてデビューしたあと、連続テレビ小説「あまちゃん」でヒロインの母親の少女時代の役を演じて一躍、人気を集めました。テレビのドラマやコマーシャルのほか、「映画ビリギャル」や「夏美のホタル」など映画にも多く出演しています。
29日に東京・渋谷のNHK放送センターで記者会見が開かれ、有村さんは「3年前、『あまちゃん』のときも会見に出席しましたが、そのときとは全く違う気持ちで本当に緊張しています。ヒロインは、皆様に元気を与えられる存在だと思います。私が演じる役で、新しい風を吹かせていければと思っています。大家族の農家で育ったみね子という女の子をのびのびと最後まで楽しく演じていきたい」と抱負を述べました。
会見には脚本を担当する岡田惠和さんも出席し、「月曜から土曜まで半年間、登場人物をじっくりと描いていけるドラマはほかにはありません。オリジナルの物語で実在の人物はいないですが、普通の人たちがどれだけ真摯(しんし)に一生懸命生きていたかを描き、ヒロインがみんなに愛されるドラマを目指したい」と話していました。岡田さんが連続テレビ小説の脚本を担当するのは、「ちゅらさん」と「おひさま」に続いて3回目です。
連続テレビ小説「ひよっこ」は、ことしの秋から撮影が始まり、来年4月3日から半年間、放送される予定です。

投稿者:かぶん |  投稿時間:16:08  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲