2016年06月30日 (木)

ベストセラー「第三の波」トフラー氏が死去

K10010578051_1606301307_1606301309_01_03.jpg

情報革命の到来を予言したベストセラー「第三の波」などの著書で知られるアルビン・トフラー氏が27日、アメリカ・ロサンゼルスの自宅で死亡しました。87歳でした。

アルビン・トフラー氏が設立したコンサルティング会社は、トフラー氏が27日、アメリカ・ロサンゼルスの自宅で死亡したと発表しました。87歳でした。
トフラー氏は、1928年ニューヨークで生まれ、ニューヨーク大学を卒業後、工場での勤務や新聞記者を経て1960年代に作家として活動を始めました。
著書では情報化社会を予言し、このうち1980年に出版した「第三の波」では、「農業革命」、「産業革命」に続いて、デジタル技術などの発展に伴う「情報革命」の到来を唱え、世界各国で翻訳されて出版されるなどベストセラーとなりました。
コンサルティング会社は「われわれは、先生であり、指導者であり、友人であったトフラー氏に別れを告げた。彼の革新的な業績はわれわれの未来への見方を変えた」と追悼のコメントを出しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:13:09  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲