2016年07月03日 (日)

映画「ディア・ハンター」監督 マイケル・チミノさん死去

K10010582071_1607032031_1607032043_01_02.jpg

ベトナム戦争で心に傷を負った若者たちの姿を描いて、1970年代にアカデミー賞に輝いたアメリカの映画「ディア・ハンター」の監督を務めたマイケル・チミノさんが死去しました。77歳でした。

アメリカのメディアによりますとチミノさんは、1939年、ニューヨークで生まれ、ミシガン州立大学やイェール大学で学んだあと、ニューヨークでテレビコマーシャルの監督を務めました。
その後、西部カリフォルニア州のロサンゼルスに拠点を移し、アメリカの俳優で映画監督のクリント・イーストウッドさんが主演した「ダーティーハリー2」などで脚本を担当したあと、監督デビューしました。
そして、監督を務めたロバート・デ・ニーロさん主演の「ディア・ハンター」は、ベトナム戦争で心に傷を負った若者たちの姿を描いて、作品賞や監督賞など5部門でアカデミー賞を受賞し、一躍、アメリカを代表する映画監督として知られるようになりました。
AP通信によりますと、知人らが数日前からチミノさんと連絡がつかなくなったため警察に通報し、2日、警察がロサンゼルスにある自宅でチミノさんが死亡しているのを発見したということです。
知人によりますと病気などの兆候はなかったということで、警察で死因を調べています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:16  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲