2016年07月17日 (日)

国立西洋美術館 ユネスコの世界文化遺産に決定

K10010599271_1607171804_1607171807_01_03.jpg

トルコで開かれているユネスコの世界遺産委員会で、フランス人の建築家、ル・コルビュジエが設計した東京・上野の国立西洋美術館が世界文化遺産に登録されることが決まりました。

東京・上野にある国立西洋美術館は「近代建築の巨匠」と呼ばれたフランス人の建築家、ル・コルビュジエが設計した日本で唯一の建物です。
日本やフランスなど7か国は、コルビュジエが20世紀の世界中の建築や都市計画に大きな影響を与えたとして、国立西洋美術館を含む合わせて17の建築作品を世界文化遺産に共同で推薦しました。
トルコのイスタンブールで開かれているユネスコの世界遺産委員会は、軍の一部が起こそうとしたクーデターの試みにより審査が中断されましたが、17日再開され、国立西洋美術館の世界文化遺産への登録を決めました。
登録の理由について世界遺産委員会は「人類の創造的才能を表す傑作であり、20世紀における世界中の建築に大きな影響を与えた」としています。
国立西洋美術館は世界文化遺産への登録をこれまで2度にわたって見送られていて、今回が3度目の審査となっていました。
日本の世界遺産は国立西洋美術館の登録で合わせて20件となります。

国立西洋美術館とは

国立西洋美術館はフランスとの国交回復の象徴として、昭和34年に東京・上野に完成しました。地上3階、地下1階の鉄筋コンクリート造りで、ピロティと呼ばれる柱で支えられた開放的な空間やらせん状の回廊、そして自然光を利用した建築様式など、随所にコルビュジエの特徴的な設計が施されています。平成19年には国の重要文化財に指定されています。

遺産登録 過去に2度見送り

国立西洋美術館は、世界文化遺産への登録をこれまで2度にわたって見送られた経緯があります。
平成20年、日本はフランスなど6か国で国立西洋美術館を含む22の作品を推薦しましたが、翌年のユネスコの世界遺産委員会で「保存や管理の体制などをさらに確認する必要がある」と指摘され登録が見送られました。
平成23年には作品を19に減らして審査に臨んだものの、「普遍的な価値が分かりにくく登録を見送るべきだ」と指摘され、推薦の段階からやり直しが求められました。
これを踏まえ、今回、日本を含む7か国は「コルビュジエは20世紀の世界の建築に大きな影響を与えた」と普遍的な価値を強調したうえ、作品を17にまで絞り込んで3度目の審査に臨んでいました。

東京・台東区 歓声挙げて喜び

国立西洋美術館が建つ東京・台東区では区役所に関係者が集まり、世界遺産への登録が決まると、歓声を挙げて喜びを表しました。
台東区役所の会議室には17日午後、服部区長や文化庁の宮田長官のほか、区の職員などおよそ70人が集まりました。会場のスクリーンには、トルコのイスタンブールと結んだ世界遺産委員会の映像が中継で映し出され、集まった人たちは審査の様子を真剣に見守りました。そして、午後5時15分、登録が決定すると、会場の人たちは大きな歓声を挙げ、立ち上がって拍手をしたり、周りの人たちと抱き合ったりして喜びを表していました。
現地で委員会の審議を傍聴した、地元の町内会などでつくる協議会の石山和幸会長が「皆さんのおかげで、苦節10年、やってくることができました。涙が出てきました。ありがとうございました」と中継の映像を通してあいさつすると会場からは大きな拍手が送られました。

「長い道のり」「やっと決まった」

地元の台東区役所で区長と文化庁の長官、それに美術館の館長が記者会見を行いました。
この中で、台東区の服部征夫区長は「本当に長い道のりだった。地域の皆さんや行政などが一つになって積み上げてきた結果だと思う」と述べました。
また、文化庁の宮田亮平長官は「これから建築を学ぶ若者たちにとって、すばらしい教科書を頂いた。若者たちが西洋美術館を教材に今まで以上に勉強をすることができるのがうれしい」と話しました。
国立西洋美術館の馬渕明子館長は「やっと決まったというのが率直な感想。クーデターが起きて、この7月には無理かなという気もしていたが、この時期に決めることができたのは本当にうれしい。今後の保存などに責任を感じている」と話していました。

首相「世界の宝を次世代へ引き継ぐ」

安倍総理大臣は「現役の美術館として活用しながら保全に取り組んできた関係者の方々、これを支援してこられた地元の皆様に深い敬意を表する。世界の宝となった国立西洋美術館をこれからもしっかりと守って次世代へ引き継いでいくとともに、このような世界的な文化や価値観の共有の視点から、日本の文化芸術を強く世界に向けて発信していきたい」とするメッセージを発表しました。

美術館を訪れた人は

国立西洋美術館では訪れた人たちから早速、世界文化遺産への登録を祝う声が聞かれました。
母親とともに観光で訪れたという大阪の50代の女性は「3回目にしてようやく決まり、本当におめでとうございます。また新たに世界遺産が増えて、多くの人が訪れるといいなと思います」と話していました。
東京の52歳の会社員は「トルコでのクーデター未遂をニュースで見て大丈夫かと心配しましたが、決定して嬉しく思います」と話していました。
シンガポールから観光で訪れたという23歳の女性は「有名な建物だとは知りませんでしたが、シンプルな現代的な建物だと思いました」と話していました。国立西洋美術館は世界文化遺産への登録を祝い、17日と18日の2日間、午後8時まで開館時間を延長するということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:17  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲