2016年07月21日 (木)

「ポケモンGO」に早くも偽アプリ 個人情報取られるおそれ

K10010603231_1607211439_1607211440_01_02.jpg

アメリカをはじめ世界で爆発的な人気となっているスマートフォン向けのゲームアプリ「ポケモンGO」は、ウイルスが仕込まれた偽のアプリが早くも出回っていて、セキュリティー会社は、個人情報を抜き取られるおそれがあるため使わないよう呼びかけています。

このアプリは、スマートフォンの基本ソフト「アンドロイド」用のアプリで、海外で「ポケモンGO」の正規版の配信が始まった直後の今月8日から出回り始めました。
見た目は本物と同じですが、インストールする際に、本来は必要がない電話帳やメールの送受信の情報にアクセスする許可を求めてきます。そして、アプリを起動すると正規版と同じ画面が現れますが、裏で外部と通信していて、電話帳のデータやメールなどの個人情報を抜き取られるおそれがあるということです。
この偽アプリを流通させていたサイトはすでに閉鎖されて見つからず、セキュリティー会社では、闇サイトがいたちごっこのように開設と閉鎖を繰り返しながら偽アプリを出回らせるおそれがあると見ています。
「マカフィー」の石川克也マネージャーは、「人気につけ込んで、『機能が無料で使えるバージョンを作った』などと偽アプリのサイトに誘導するメールやSNSが出回るおそれもある。必ず正規版を入手してほしい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:14:40  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲