2016年07月28日 (木)

囲碁の井山七冠 「碁聖」5連覇で七冠維持

K10010612661_1607291101_1607291103_01_03.jpg

囲碁で七大タイトルすべてを独占している井山裕太七冠が28日、「碁聖戦」の五番勝負に勝って5連覇を果たし、七冠を維持するとともに「名誉碁聖」の資格を獲得しました。

井山裕太さん(27)は、ことし4月、26歳で囲碁の七大タイトルすべてを独占し、前人未踏の七冠を達成しました。井山さんは先月防衛を果たした「本因坊戦」に続き、七冠達成後2つ目の防衛戦となる「碁聖戦」の五番勝負に臨み、ここまで挑戦者の村川大介八段を相手に2連勝とリードして、防衛まであと1勝としていました。

28日、大阪市で行われた第3局は両者譲らぬ攻防が続きましたが、終盤に井山さんが粘り強さを見せ、午後8時10分、村川さんが投了し、269手までで黒番の井山さんが中押し勝ちしました。3連勝で防衛を果たした井山さんは七冠を維持するとともに、碁聖戦で5連覇を達成し、「名誉碁聖」の資格を獲得しました。

対局のあと井山さんは「名誉称号はなかなかあるチャンスではないので、結果を出せて非常にうれしく思っています。自分の実力からすると、ちょっとできすぎかなとも思いますが、名前に恥じない強い棋士になれるように今後も挑戦していきたいです」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:32  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲