2016年07月31日 (日)

元横綱・千代の富士の九重親方が死去

K10010616091_1607312127_1607312131_01_03.jpg

大相撲で31回の優勝を果たし、相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞した元横綱・千代の富士の九重親方が、31日午後4時ごろ、すい臓がんのため東京都内の病院で亡くなりました。61歳でした。

九重親方は昭和30年、北海道福島町で生まれ、昭和45年に初土俵を踏みました。
昭和56年の名古屋場所で2回目の優勝を果たして第58代の横綱となり、前みつを取っての速攻や強烈な上手投げなどで圧倒的な強さと人気を誇り、「ウルフ」のニックネームで親しまれました。
昭和63年には当時、戦後最高となる53連勝、平成元年には通算勝ち星の当時の新記録を作り、相撲界で初めて国民栄誉賞を受賞しました。
平成3年の夏場所の初日に18歳の貴花田、のちの横綱・貴乃花に敗れ、3日目に貴闘力に敗れたあと、現役引退を表明しました。優勝回数31回は歴代3位、通算1045勝は歴代2位の記録です。
引退後は九重部屋を継承して大関・千代大海など多くの関取を育て、去年、国技館で還暦を祝う土俵入りを披露しました。
しかし、そのあとの名古屋場所を休み、早期のすい臓がんの手術を受けたと明らかにしていました。
そして31日午後4時ごろ、すい臓がんのため、東京大学附属病院で亡くなったということです。
九重親方の遺体は31日午後8時すぎ、病院から車で東京・墨田区の九重部屋に戻りました。白い布に包まれた遺体は、九重親方の弟子で、現在は部屋付きの親方を務める元大関・千代大海の佐ノ山親方など九重部屋の力士たちによって、部屋の中に入りました。

佐ノ山親方によりますと、九重親方の通夜は来月6日の午後6時から、告別式は7日の正午から、いずれも東京・墨田区にある九重部屋で営まれ、夏巡業に参加している九重部屋の力士たちも東京に戻り、参列するということです。

圧倒的な人気と強さの相撲人生

元横綱・千代の富士の九重親方、本名、秋元貢さんは、昭和30年、北海道福島町で生まれ、昭和45年の秋場所、15歳で初土俵を踏みました。
昭和50年に新入幕を果たし、軽量なうえ、肩の脱臼などたび重なるけがに苦しみながらも、厳しい稽古とトレーニングで番付を上げました。
昭和56年の初場所で、当時の横綱・北の湖との優勝決定戦に勝って初優勝し、大関に昇進しました。さらに同じ年の名古屋場所で2回目の優勝を果たし、第58代の横綱となりました。
左前みつを取って前へ出る速攻や強烈な上手投げなど、力強さとスピードを兼ね備えた相撲を取って優勝を重ね、引き締まった筋肉質の体と精かんな顔だちから「ウルフ」のニックネームで圧倒的な人気を誇りました。
昭和63年には、休場明けの夏場所から4場所連続で優勝し、当時の戦後最高となる53連勝を果たしましたが、九州場所の千秋楽で横綱・大乃国に敗れ、双葉山の69連勝には届きませんでした。
平成元年には、三女を亡くした直後の名古屋場所で、史上初となる同じ部屋の横綱・北勝海との優勝決定戦を制しました。さらに、続く秋場所で当時の通算勝ち星の新記録を樹立し、場所後に相撲界初の国民栄誉賞を受賞しました。これを受けて日本相撲協会は、一代年寄を贈ることを決めましたが、本人が辞退しました。
平成2年の春場所で、前人未到だった通算1000勝を達成、その年の九州場所では休場明けで31回目の優勝を果たし、元横綱・大鵬の優勝記録まであと1回に迫りました。
しかし、翌場所から2場所続けて休場し、復帰した平成3年夏場所の初日に、18歳の貴花田、のちの横綱・貴乃花に敗れ、その2日後に貴闘力に敗れたあと、引退を表明しました。
引退会見では「体力の限界、気力もなくなり引退することになりました」と、涙をこらえながら話しました。通算1045勝と横綱在位59場所は歴代2位、優勝31回と幕内807勝は歴代3位など、20年余りの現役生活で数多くの記録をうち立てた大横綱でした。
引退後は年寄、陣幕を経て、九重部屋を継承し、大関・千代大海など多くの幕内力士を育てる一方、日本相撲協会の理事として事業部長などを歴任しました。
60歳になる前日の去年5月31日には、東京・両国の国技館で赤い綱を締めて還暦を祝う土俵入りを行い、露払いに日馬富士、太刀持ちに白鵬の2人の現役横綱を従えて、現役時代と同じ雲龍型の土俵入りを披露しました。

出身地の町長「多くの町民が悲しんでいる」

元千代の富士の九重親方の出身地、北海道福島町の鳴海清春町長は、「先ほど、亡くなったことを聞いたばかりだ。今月中旬に東京でお会いして、町で来月10日に行われる九重部屋の合宿には必ず行くからとおっしゃっていたので、とても驚いている。町のヒーローが亡くなり、多くの町民が悲しんでいる」と話していました。

驚きや悲しみの声

札幌市中心部の大通公園や札幌ドームなどで、元横綱・千代の富士の九重親方が亡くなったことについて、悲しむ声が聞かれました。
釧路市の60代の男性は「ショックです。体は小さかったですが、とても強かったのが印象的でした。あれだけの大横綱が亡くなったのは残念です」と話していました。札幌市の60代の男性は「この前までテレビで見ていたので驚きました。道民の代表のような気持ちでいつも応援していました。天国から、道内出身の力士を見守ってほしいです」と話していました。
また札幌市の30代の男性は「早すぎます。もっと後進の育成に取り組んでほしかったです」と残念がっていました。
札幌市の70代の女性は「驚いて鳥肌が立ちました。若いころにテレビで応援していました。残念です」と話していました。
また、50代の江別市の男性は「驚きです。北の湖に千代の富士、歴代の名横綱が次々と亡くなってしまうのは、寂しい気持ちです」と話していました。

東京の渋谷駅前でも惜しむ声が聞かれました。
47歳の会社員の男性は「九重親方の横綱時代、千代の富士が好きで相撲のファンになりました。体は小さいのに技の種類が豊富な横綱でした。寂しいです」と話していました。63歳の女性は「体が小さいのに、ウルフという愛称で自分より体の大きな力士と闘っていた相撲を覚えています。まだ若いのに残念です」と話していました。

白鵬「親方のビデオで相撲を研究」

横綱・白鵬は「言葉になりません。早すぎる。残念としか言いようがありません」と話していました。また、現役時代の九重親方については、「私も体が小さかったので、親方の相撲をビデオで見て一気に前に出る相撲を研究しました」と話し、印象に残っている思い出として「去年の還暦の土俵入りで太刀持ちをさせてもらい、昭和の大横綱を間近で見させてもらった」と振り返っていました。
そのうえで、白鵬の通算勝利数が九重親方の1045勝に近づいていることについて、「天国から見守ってもらいたい」と話していました。

尾車親方 大関になれたのは九重親方のおかげ

元大関・琴風の尾車親方は「電話で聞いてびっくりしています。名古屋場所の間に調子が悪くなって東京に帰ったと聞いていましたが、まさかこんな早く訃報を聞くとは夢にも思いませんでした」と話していました。
現役時代、千代の富士には6勝22敗と大きく負け越していますが、「なかなか勝てませんでしたが、よく出稽古に来た千代の富士関と稽古をして鍛えられたので、ほかの力士を土俵の外まで運べるような力がつけられたと思います。私が大関になれたのは九重親方のおかげです」と感謝していました。
そのうえで、「自分に厳しい人でした。九重親方しか伝えられない経験をもっともっと伝えていってほしかったです。とにかく突っ走ってきた人生だと思うので『安らかにお眠りください。今後の相撲界を見守ってください』と言いたいです」と、無念そうに話していました。

弟子の佐ノ山親方「父親のような存在だった」

九重親方の弟子で、元大関・千代大海の佐ノ山親方は、東京・墨田区の九重部屋で取材に応じ、「元気になってくれると信じていたので、言葉がない。きょう病院に面会に行ったが、すでに意識のない状態で、声をかけても返事はなかった。師匠は自分にとって実の父親のような存在だった。師匠からは、『頑張ってくれ』と言われていたので、言われたとおり、これから自分にできることを一生懸命頑張っていきたい」と話していました。

八角理事長「あまりにもショック」

元横綱・千代の富士の九重親方が亡くなったことについて、日本相撲協会の八角理事長は春日野広報部長を通じて、「あまりにもショックでコメントのしようがない」と談話を発表しました。八角理事長は1日、改めて心境を述べるということです。

芝田山親方「こんなに早く亡くなるとは」

同じ北海道出身で元横綱・大乃国の芝田山親方は「現役時代よく九重部屋に出稽古に行った。相四つだったのでなんとか先に左上手を取らせないように研究した。体重は圧倒的に自分のほうが上だったが、力が強かった」と先輩横綱の強さをあげました。そして、当時の戦後最高となる53連勝を止めた相撲については、「優勝がかかった一番ではなかったが、自分のプライドもあった。なんとかしないとと思って臨んだ結果だった」と振り返り、「こんなに早く亡くなるとは思っていなかった」とコメントしました。

朝青龍 ツイッターで悲しみのコメント

元横綱・朝青龍は、みずからのツイッターで「悲しい悲しいな、涙が止まらない…、憧れの力士、角界の神様、横綱たちの横綱よ、悲しいな。親方よ、夏にモンゴルに来てイトウを釣る約束は?悲しいな」とコメントしました。

同期入門の元力士「同じ時代に相撲取れて本当に光栄」

九重親方と同じ部屋に同期で入門し、現役時代は若の富士のしこ名で幕内などで活躍し、現在は大阪で飲食店を経営する齋藤昭一さんは「地位は違いましたが、人格者で、たくさん稽古をつけてくれました。同じ時代に相撲を取れて本当に光栄でした」と当時を振り返りました。また、九重親方が平成2年の大阪場所で通算1000勝を達成した際には齋藤さんの会社の敷地に部屋の宿舎があり、盛大にお祝いしたということで、「千代の富士関が残した功績はすばらしいものだと思います。亡くなられたのは早すぎるし、本当に残念でならない」と話していました。

春日野広報部長「手の届かない存在だった」

元関脇・栃乃和歌、日本相撲協会の春日野広報部長は「私も現役のときに何度か対戦したが一度も勝てず、手の届かない存在だった。立ち合いが速くて鋭く、今までに経験したことのない強さだった。偉大な横綱で、対戦できて光栄だった」と話していました。

レスリング吉田選手「親方のためにも五輪4連覇を」

九重親方と親交があり、同じく国民栄誉賞を受賞しているレスリング女子の吉田沙保里選手は、訃報にショックを受けた様子でした。
九重親方は、吉田選手の北京とロンドンのオリンピックの壮行会に出席し、7月2日に開かれたリオデジャネイロオリンピックの壮行会でも、ビデオレターで激励のメッセージを寄せていました。
去年、国技館で行われた九重親方の還暦を祝う土俵入りには吉田選手も出席し、一緒に食事をする機会も数回あったということです。
吉田選手は取材に対して「体調が悪いと聞いていたが、突然のことでびっくりしてショックを受けています。子どものころから相撲が好きで、父親とよくテレビを見ていてファンでした。日本を代表するすごいアスリートだと思います。親方のためにもオリンピック4連覇を達成したいです」と声を落としていました。

王貞治さん「心に残る横綱」

プロ野球、ソフトバンクの王貞治球団会長は「九重親方の訃報に接し大変残念でなりません。土俵での圧倒的な強さで、31回の優勝など数々の記録を打ち立て、相撲界を大いに沸かせてくれました。一時代を築いた心に残る横綱でした。謹んでご冥福をお祈りします」というコメントを出しました。

デーモン閣下さん「アスリートのような新しさ持ち込んだ」

大相撲に詳しいデーモン閣下さんは「去年、還暦土俵入りを見たときには非常に元気だという印象だったため、それから1年あまりで他界するとは突然に感じ、非常に驚いた。現役時代はスピードに加えて、力もあるという身体能力の高さで、それまでの“お相撲さん”とは違う、“アスリート”のような新しさを当時の相撲界に持ち込んだ。一方で、大横綱になってなお、勝負にこだわるハングリー精神も感じさせてくれた。千代の富士が相撲に取り組んだ姿勢を今の相撲界も思い出してほしい」と話していました。

やくみつるさん「初優勝のときは出待ち」

相撲通として知られる漫画家のやくみつるさんは「病気をしているとは聞いていたが、痩せていても元気な姿を見せていたので、本当に驚いた。亡くなるのは早すぎる」と残念そうに話していました。そして、現役時代の思い出については、「入幕した直後は、細くて小さいが、気が強い力士だなあというイメージで、まさか横綱になるとは思っていなかった。昭和56年の初場所で、初優勝する大一番のとき、自分は大学4年生で、チケットも持っていなかったのに出待ちをして、そのまま優勝パレードを見たのが印象に残っている」と振り返りました。さらに、「引退したあとは、弟子の育成に力を注いでいた。厳しく育てていた弟子を見守れず、さぞ残念だろうと思う」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:35  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(1) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(1)

九重親方の訃報に接し驚いています。親方とは、九重部屋の建物建築からのおつきあいでありました。人柄は、懐の深い方でした。何事もおおらかな考えで周りに気を配られていましたね。ありがとうございました。

投稿日時:2016年08月01日 12:39 | 山岸 丕昭

コメントの投稿

ページの一番上へ▲