2016年08月01日 (月)

舞妓が「八朔」のあいさつ回り 京都 祇園

K10010616751_1608011335_1608011335_01_03.jpg

京都の祇園では舞妓たちが、お世話になっている人たちに感謝の気持ちを伝える「八朔」のあいさつ回りを行いました。

8月1日をあらわす「八朔」は、旧暦では稲穂が実り始める時期に当たり、農家が贈り物やあいさつ回りをする風習がありました。
これに合わせて京都の祇園では、毎年、黒の紋付きで正装した舞妓や芸妓が、芸事の師匠やお茶屋などにあいさつ回りをします。
お茶屋の玄関先では舞妓たちが「どうぞ相変わりませず、おたの申します」とあいさつすると、出迎えたおかみらが「暑い中ご苦労さまです」と笑顔で応じていました。
1日の京都市は厳しい暑さとなり、舞妓たちはおしろいの上にうっすらと汗を浮かべながら、あちこち回って、あいさつをしていきました。
舞妓の佳つ雛さんは、「秋の舞台に向けて、これからお稽古に精進したいと思います」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:03  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲