2016年08月25日 (木)

ドラマや映画で活躍 十勝花子さん死去

K10010653441_1608251107_1608251108_01_03.jpg

数多くのテレビドラマや映画で活躍した俳優の十勝花子さんが、今月21日、大腸がんで亡くなりました。70歳でした。

十勝花子さんは北海道出身で、高校を卒業したあと、昭和41年に歌手としてデビューしました。その後、民放のテレビドラマ「なんたって18歳!」に出演して人気を集めたのをはじめ、俳優として平成6年に放送されたNHKのドラマ「中学生日記」や、平成7年に放送された「大地の子」に出演するなど、数多くのドラマや映画、それに舞台で活躍しました。
さらに、エッセーを始めとした文筆活動でも高く評価されてきたほか、中国語にも堪能で、中国の山奥に数多くの小学校を建てるなど、日中の交流活動にも熱心に取り組んで来ました。
家族によりますと、十勝さんは先月、大腸がんを患っていることが分かり、都内の病院に入院して抗がん剤の治療を受けていましたが、今月21日の午後に亡くなったということです。
葬儀は家族だけでとりおこない、生前の希望通り菊ではなくバラの花に囲まれ、プロ野球ソフトバンクの優勝記念のTシャツを着た姿で家族に見送られたということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:10:11  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲