2016年08月29日 (月)

芝翫襲名で中村橋之助さんがお練り 東京・浅草

K10010657931_1608291506_1608291524_01_02.jpg

歌舞伎の大名跡、中村芝翫(しかん)を襲名する歌舞伎俳優の中村橋之助さん(50)が、29日に東京・浅草で3人の息子とともに、襲名の恒例行事のお練りを行い、集まった大勢のファンから大きな声援を受けました。

お練りは、歌舞伎の襲名の際に行われる恒例行事で、29日は、ことし10月に歌舞伎の大名跡、八代目中村芝翫を襲名する中村橋之助さんが、浅草・浅草寺の仲見世を練り歩きました。
橋之助さんの3人の息子も同時に襲名することになり、沿道には親子4人のお練りを見ようと、大勢のファンが集まりました。
紋付きはかま姿の橋之助さんは、時折雨の降るなか、ファンから「八代目」や「成駒屋」などと声をかけられ、立ち止まって会釈をしたり「ありがとうございます」と応えたりしていました。
そして、浅草寺の本堂に到着すると、「今回の襲名で、盤石な成駒屋を築いていきたいと思います。お力添えよろしくお願いします」とファンに向かってあいさつしました。
このあと法要が行われ、橋之助さんたちは、東京・銀座の歌舞伎座で10月から始まる襲名披露公演の成功を祈願しました。
法要のあと、橋之助さんは「息子たちとそろっての襲名、ありがたく思っています。これまで橋之助の名前でやってきたので、さみしい気持ちもありますが、八代目として芝居に対し熱い心を持ってやっていきたい」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:15:24  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲