2016年09月16日 (金)

アニメや漫画など 東南アジア最大級の見本市

K10010689551_1609162007_1609162012_01_02.jpg

アニメや漫画など日本のポップカルチャーを集めた、東南アジアで最大級の見本市が、インドネシアの首都ジャカルタで開かれ、大勢の若者たちでにぎわっています。

「アニメ・フェスティバル・アジア」と呼ばれるこの見本市は、シンガポールや日本のイベント会社が16日からジャカルタで開いているもので、日本のアニメや漫画などを一堂に集めた、年に1度の祭典として知られています。
会場では日本の大手玩具メーカーなどおよそ50の企業がブースを設けていて、人気アニメのプラモデルを扱うコーナーでは、一度に4つをまとめて購入する男性の姿も見られました。
また、インドネシアでは出版されていない漫画の本も数多く販売されていて、大勢の若者たちでにぎわっていました。
会場を訪れた23歳の女性は「日本のアニメが大好きです。お目当ての商品がすぐに売り切れてしまうのではと心配になって、きょうは朝一番に来ました」と話していました。
インドネシアでは、ことし6月、日本の大手芸能プロダクションなどがプロデュースした地元の女性アイドルグループがデビューするなど、若者たちの間で日本のさまざまなポップカルチャーの人気が高まっています。
見本市の主催者は、18日までの3日間で6万人の来場を見込んでいるということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:29  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲