2016年10月02日 (日)

「べっぴんさん」を盛り上げ 24時間ジャズライブ

K10010714711_1610021311_1610021404_01_03.jpg

3日から放送が始まるNHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」の舞台となる神戸の街を盛り上げようと、24時間、ジャズを生演奏するイベントが始まりました。

このイベントは、日本のジャズ発祥の地とされる神戸らしい催しでドラマを盛り上げようと神戸市などが開いたもので、地元で活躍しているアーティストや大学生などおよそ20組が参加しています。
神戸市中央区の会場では午前8時からジャズの演奏が始まり、会場に集まった人たちはサックスやピアノの音色に聞き入っていました。ジャズの演奏は3日の午前8時まで続けられ、その後は会場に設置されるテレビで「べっぴんさん」の初回の放送を楽しむパブリック・ビューイングも行われることになっています。
イベントの実行委員会の日下雄介さんは、「ジャズが神戸に伝わったのは、べっぴんさんと同じ時代。多くのアーティストが参加するので一緒に盛り上げてほしいです」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:14:03  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲