2016年10月17日 (月)

滋賀 彦根の遺跡に巨大建物跡 巨大勢力の拠点か

K10010732811_1610171813_1610171819_01_03.jpg

滋賀県彦根市にある弥生時代から古墳時代にかけての遺跡で、規模の大きな建物や、鉄製品を作っていた跡などが見つかりました。この場所に巨大な勢力の拠点があったと見られ、専門家は中国の歴史書『魏志倭人伝』に記述のあるクニの1つの可能性があると指摘しています。

滋賀県彦根市の「稲部遺跡」は、弥生時代から古墳時代にかけての大規模な集落の遺跡で、市の教育委員会が発掘調査を進めたところ、4棟の巨大な建物の跡が新たに確認されました。

最も大きなものは、古墳時代前期の3世紀前半ごろに造られたと見られる縦16メートル、横11メートルほどの建物で、柱を据えた穴の直径は最大で1.5メートルに及んでいます。
これは、この時期の建物としては、奈良県桜井市にある邪馬台国の候補地の1つ、纏向(まきむく)遺跡の建物に次ぐ大きさだということです。

また、周辺の23棟の建物の跡から、焼けた土が混じった鉄の塊や破片など、合わせて6キログラム余りが見つかったほか、倉庫と見られる建物の跡も確認されました。

遺跡では、これまでの調査で、今の静岡県から鳥取県に至る各地の土器も確認されていて、市の教育委員会は、この場所に巨大な勢力の拠点があり、当時としては国内有数の規模で、鉄製品の生産や流通が行われていたと見ています。

この時期の歴史に詳しい大阪大学大学院文学研究科の福永伸哉教授は「国内のほかの地域だけでなく、海外とも交流していた大きな地域勢力で、中国の歴史書『魏志倭人伝』に記述のある、魏と外交を行っていたとされる30のクニの1つであった可能性がある。これまでほとんどノーマークの遺跡で、今後、中央政権や各地との関わりを明らかにすることで、ヤマト政権の成り立ちを知る教科書のような手がかりになる」と話しています。

また、調査を行った彦根市教育委員会文化財課の戸塚洋輔主査は「まだ遺跡の20%しか発掘できておらず、引き続き発掘を進めれば、さらに重要なものが見つかる可能性がある」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:50  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲