2016年10月29日 (土)

ボブ・ディランさん ノーベル賞受賞受け入れの意向

K10010748881_1610291211_1610291213_01_03.jpg

アメリカのシンガー・ソングライター、ボブ・ディランさんは、ことしのノーベル文学賞に選ばれながら沈黙を続けていたため、受賞を辞退するのではないかという臆測も出ましたが、このほど受賞を受け入れる意向が確認されました。

ノーベル文学賞の選考委員会は、今月13日、ボブ・ディランさんをことしの受賞者に選んだことを発表しましたが、ディランさんに連絡がつかなかったほか、ディランさん自身も一切コメントせず、沈黙を続けていました。
さらに、ディランさんの公式ウェブサイトに一時、記された「ノーベル文学賞受賞者」という文言がのちに削除され、一部のメディアは受賞辞退の可能性もあると伝えるなど、その真意が注目されていました。

こうした中、スウェーデンにあるノーベル文学賞の選考委員会は28日、ディランさんから「受賞したことを知り言葉を失った。この栄誉に感謝します」という連絡があったことを明らかにし、ディランさんの受賞を受け入れる意向が確認されました。
ディランさんはイギリスの新聞デーリー・テレグラフのインタビューに応じ、「とても驚いた。こうしたことが起きるとは夢にも思わなかった」などと受賞の喜びを語りました。

一方でディランさんは、ことし12月の授賞式に出席するかどうかは明言しておらず、その言動に引き続き関心が集まりそうです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:06:54  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲