2016年11月02日 (水)

大河ドラマ「西郷どん」の主演に鈴木亮平さん

K10010753321_1611021221_1611021233_01_03.jpg

再来年に放送されるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の主人公で、幕末から明治時代のはじめにかけて活躍した西郷隆盛の役を、俳優の鈴木亮平さんが演じることになりました。

「西郷どん」は、鹿児島の下級武士の家に生まれた西郷隆盛が薩摩藩主・島津斉彬に見いだされ、3度の結婚や2度の島流しなどを経て、幕末の重要人物になり、明治維新を成し遂げる過程を描くドラマです。

2日は、東京・渋谷のNHK放送センターで主演が発表され、西郷隆盛役を、俳優の鈴木亮平さんが演じることになりました。鈴木さんは兵庫県出身の33歳で、NHKでは連続テレビ小説「花子とアン」でヒロインの夫役を演じましたが、大河ドラマに出演するのは初めてです。

会見で、鈴木さんは「大変な抜てきをしてもらい、正直言って、喜びよりも責任感のほうが大きく、身が引き締まる思いです。西郷は人を愛する愛きょうとちょ突猛進していくそのギャップが魅力だと思います。西郷という男に相撲を挑むような気持ちで向かっていき、情熱的でエネルギッシュな作品にしたい」と意気込みを語りました。

会見に出席した原作の林真理子さんは「脚本の中園ミホさんとメールでやり取りしていたが、2人の夢がかなってうれしい。西郷の青年時代の初々しさと革命家の悲劇を迎える場面を演じ分けて、びっくりするような西郷像を期待したい」と話していました。

大河ドラマ「西郷どん」は、来年夏から撮影が始まり、再来年、平成30年の1月から1年間、放送されます。

投稿者:かぶん |  投稿時間:12:33  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲