2016年11月15日 (火)

漫画家の高井研一郎さん死去 「山口六平太」など人気

漫画「総務部総務課 山口六平太」などの作品で知られる漫画家の高井研一郎さんが14日、肺炎のため都内の病院で亡くなりました。79歳でした。

高井研一郎さんは、長崎県佐世保市の生まれで、昭和31年に雑誌「少女」の「リコちゃん」でデビューし、その後、青年誌を中心に漫画を執筆してきました。

中でも、昭和61年から連載が始まった「総務部総務課 山口六平太」は、会社の総務課に勤務する山口六平太が、社内の問題を次々に解決する姿が多くの人の共感を呼び、NHKでもドラマ化されました。また、「天才バカボン」などを生んだ赤塚不二夫さんにアドバイスをしていたことでも知られ、人気漫画「おそ松くん」などのキャラクターのデザインに関わっていました。

高井さんのプロダクションによりますと、高井さんは現在も「山口六平太」の連載を続けていましたが、14日、肺炎のため都内の病院で亡くなりました。79歳でした。

投稿者:かぶん |  投稿時間:15:07  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲