2016年11月24日 (木)

日刊スポーツ 記事の誤り認め夏目三久さんに謝罪

K10010782651_1611241548_1611241552_01_02.jpg

日刊スポーツ新聞社は、ことし8月、フリーアナウンサーの夏目三久さんがタレントの有吉弘行さんの子どもを妊娠したなどと報じた記事について24日、一連の記事には事実と異なるところがあったとして、記事の誤りを認めて謝罪しました。

日刊スポーツ新聞社はことし8月24日付けの紙面で、フリーアナウンサーの夏目三久さんが有吉弘行さんの子どもを妊娠したと大きく報じ、翌日には2人が年内に結婚する方向で調整していると報じました。

日刊スポーツ新聞社によりますと、これらの記事をめぐって2人から事実無根という抗議を受け、取材内容を検証した結果、一連の記事に事実と異なるところがあったということです。

このため、24日付けの紙面と社のホームページに「夏目三久さんに関する報道のお詫びと訂正」を掲載し、夏目さんの妊娠について「ご本人に確認しておらず事実に反していました」と記事の誤りを認めました。そのうえで、「夏目さんには深刻かつ多大なご迷惑をおかけいたしました。ここに訂正し、謹んで深くおわび申し上げます」と謝罪しました。

これについて日刊スポーツ新聞社は「記事に書いてあるとおりで、それ以上のコメントはない」としたうえで、関係者の処分などについても「お答えできない」としています。
また夏目さんの所属事務所は、「特にお話しすることはありません」としています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:14:35  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲