2016年11月25日 (金)

信繁から直虎へ 大河ドラマ主演がバトンタッチ

K10010784031_1611251815_1611251816_01_03.jpg

NHKの大河ドラマの主演を引き継ぐセレモニーが行われ、ことしの「真田丸」の堺雅人さんが、来年の「おんな城主直虎」の柴咲コウさんにエールを送りました。

東京・渋谷のNHK放送センターで行われたバトンタッチセレモニーには、現在放送されている大河ドラマ「真田丸」で、主人公の真田信繁を演じる堺雅人さんと、来年の「おんな城主直虎」の主人公、井伊直虎を演じる柴咲コウさんが参加しました。

セレモニーで、堺さんは「1年間あっという間でしたが、改めてスタジオに入ると、時代が似ているのか真田の里の家を思い出しました。毎日撮影大変だと思うけど、頑張ってください」とエールを送りました。

これに対して、柴咲さんは「真田丸からバトンを引き継いで、ますます身の引き締まる思いです。9月から始まった撮影も順調にきていますので、頑張っていきます」と応えていました。

このあとドラマゆかりの地にちなんだプレゼントの交換が行われ、堺さんは、信繁が幽閉生活を送った和歌山県の九度山で育った、籠いっぱいの柿を手渡しました。
柴咲さんは、直虎ゆかりの静岡県浜松市で伝統的に行われているたこ揚げにちなんで、「真田丸」という文字と真田家の家紋「六文銭」をあしらった真っ赤なたこを贈っていました。

大河ドラマ「真田丸」は来月18日に最終回を迎え、来年の1月8日からは「おんな城主直虎」の放送が始まります。

投稿者:かぶん |  投稿時間:15:24  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲