2016年11月30日 (水)

水木しげるさん追悼の特別展示 鳥取

K10010789931_1611301533_1611301544_01_02.jpg

漫画「ゲゲゲの鬼太郎」の作者、水木しげるさんが亡くなってから1年となる30日、ふるさと、鳥取県境港市にある記念館で追悼の特別展示が始まりました。

特別展示は、境港市にある「水木しげる記念館」が開いたもので、施設の入り口には1年前の30日、93歳で亡くなった水木さんの遺影が飾られ、献花台も設けられました。
30日は、水木さんの代表作「ゲゲゲの鬼太郎」の主人公、鬼太郎のトレードマークである黄色と黒のしま模様のちゃんちゃんこを着た地元の小学生たちが訪れ、遺影のそばに花を手向けました。
館内では、水木さんを紹介する写真パネル20枚が展示され、妖怪を使った町おこしに協力するためふるさとの境港市を訪れたり、記念館の壁に即興で鬼太郎を描いたりしたときの水木さんの姿を、訪れた人たちが忍んでいました。
献花した小学3年生の女の子は、「きょうは花と手紙を持ってきました。先生には天国で元気に過ごしてほしい」と話していました。
水木しげる記念館の庄司行男館長は、「子どもたちをはじめさまざまな年代に親しまれている水木先生の財産を引き継ぎ、これからも地元を盛り上げていきたい」と話していました。特別展示は来月4日まで開かれ、期間中は献花台が設けられています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:15:44  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲