2016年12月02日 (金)

中国で映画「君の名は。」の公開始まる

K10010792191_1612020548_1612020549_01_03.jpg

日本で大ヒットとなっているアニメーション映画「君の名は。」が1日から中国でも公開され、日付が変わると同時に上映が始まった北京の映画館には、早くも大勢の若者が詰めかけました。

新海誠監督が手がけたアニメーション映画「君の名は。」は、日本での大ヒットを受けて、2日から、中国でも全土で一斉に公開されました。

このうち、北京中心部の映画館では、公開を心待ちにしてきた人たちのために、日付が変わった午前0時から特別に上映が始まり、未明にもかかわらず、大勢の若者たちが詰めかけました。

中国では日本のアニメや漫画への人気が高いことに加え、「君の名は。」は、ネット上などで早くから話題を集めていて、映画館によっては、予約販売ですでにほとんどの席が埋まるところも出ています。映画を見た若い男性は「とても感動しました。高校生の時から新海監督の映画が好きだったのですが、何年も待って、ついに中国で見ることができました」と話し、若い女性は「泣きそうになりました。すばらしかったです」と話していました。

中国では去年5月に、日本映画としてはおよそ3年ぶりに公開が認められた「ドラえもん」の映画が、日本円で80億円余りの興行収入を記録するヒットとなりましたが、「君の名は。」は、この記録を上回るのではないかと予想されています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:06:00  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲