2016年12月15日 (木)

鳥取の遺跡から高松塚古墳に次ぐ女子群像

K10010808341_1612151950_1612151955_01_03.jpg

鳥取市の遺跡から出土した飛鳥時代のものと見られる木の板に、6人の女性が列をなして歩く「女子群像」が描かれていることがわかりました。古代の女子群像としては、国内では奈良県明日香村の高松塚古墳の壁画に次いで2例目で、中国や朝鮮半島から伝わった文化の広がりを示す重要な資料として注目されています。

女子群像の絵は、鳥取市にある青谷横木遺跡から出土した5つの板の破片に墨で描かれていました。鳥取県埋蔵文化財センターによりますと、破片をつなぎ合わせると、板は縦15.5センチ、横70.5センチの大きさになり、6人の女性が列をなして歩いている様子が確認できたということです。

板の上の部分には穴があり、埋蔵文化財センターは、墓の壁などにかけられていた可能性があるとしています。絵は、板が出土した地層から7世紀末から8世紀初めの飛鳥時代のものと見られ、古代に描かれた女子群像としては、国宝に指定されている奈良県明日香村の高松塚古墳の壁画に次いで2例目です。

女子群像は墓の壁などに描かれる題材として中国や朝鮮半島から伝わったと考えられ、鳥取県埋蔵文化財センターは、伝来した死者の弔いにまつわる文化が当時の都だけでなく地方にも広がっていることを示す重要な資料だとしています。

どんな絵が描かれたか

女子群像の絵は大部分は欠けていますが、鳥取県埋蔵文化財センターによりますと、服装や髪型、持ち物などから地位の高い5人の女性と侍女1人と見られます。

このうち、右から3番目の人物は高松塚古墳の壁画に描かれている女子群像と同じような縦じま模様の服装が確認できます。また、その隣の右から2番目の人物は髪を束ねて結い上げた姿が描かれていますが、目や口など顔の表情はわかりません。

右端の人物は「払子(ほっす)」と呼ばれるハエを払う道具のようなものを持っていることから、侍女と見られるということです。

専門家 高松塚古墳の壁画にもない特殊性

古代の美術史が専門で神戸大学の百橋明穂名誉教授は「払子(ほっす)など中国の唐の時代の女子群像に見られる持ち物が描かれている一方で、それよりも古い朝鮮半島の高句麗で(こうくり)見つかっている行列図をモチーフに絵が描かれている。

いわば古い高句麗の伝統と唐の新しい流行が合わさっていて、高松塚古墳の壁画にもない特殊性がある」と指摘しています。そのうえで、「当時の都だけでなく、地方にもこのような死者を弔う文化が伝わっていたことを証明するもので、今後、日本海沿岸や瀬戸内海沿岸、九州などさまざまな場所でも女子群像が見つかる可能性もある」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:55  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲