2016年12月24日 (土)

将棋 62歳差の対局 最年少棋士の藤井四段が勝利

K10010818981_1612242258_1612242300_01_03.jpg

ことし、将棋界で史上最年少のプロ棋士となった中学2年生の藤井聡太四段が、24日のデビュー戦で現役最年長の加藤一二三九段と戦い、14歳と76歳による年齢差が62歳の対局を白星で飾りました。

 

愛知県瀬戸市に住む中学2年生、藤井聡太四段(14)は、ことし10月にプロとなる四段に昇段し、将棋界では史上最年少となる14歳2か月でプロ入りを果たしました。

それまでの最年少記録は現役最年長の76歳、加藤一二三九段が昭和29年に昇段したときの14歳7か月で、藤井さんは24日、その加藤さんを相手にプロとしてのデビュー戦となる竜王戦の予選の対局に臨みました。

2人の年齢の差は62歳で、日本将棋連盟によりますと、記録が残る公式戦の中では最も年齢の離れた対局だということです。

対局は午前10時に始まり、中盤、互いに攻め合う展開が続きましたが、藤井さんの攻めが押し切る形となり、午後8時43分、加藤さんが投了して、110手までで藤井さんがデビュー戦を白星で飾りました。

藤井四段「デビュー戦で加藤先生と対局は光栄」

デビュー戦を白星で飾った藤井聡太四段は「デビュー戦で加藤先生という大先輩と対局できるということは本当に光栄なことで、自分の力を出し切りたいと思っていた。きょう勝てたことはうれしく、いずれは竜王や名人といったタイトルをとりたいという思いは強いが、実力がまだまだ足りないのでより頑張っていきたい」と話していました。

加藤九段「率直に言ってすばらしい才能の持ち主」

対局した現役最年長の加藤一二三九段は「攻めが強く、うまく負かされてしまった。率直に言って藤井四段は、すばらしい才能の持ち主だと戦って思った」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:21:44  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲