2016年12月25日 (日)

NHK紅白歌合戦の曲順決まる 大トリは嵐

K10010819401_1612251934_1612251941_01_02.jpg

大みそかに放送されるNHK紅白歌合戦の曲順がきょう発表され、石川さゆりさんが紅組のトリを、そして白組の嵐が大トリを務めることになりました。

ことしの紅白歌合戦には、初出場の10組を含め、紅組、白組合わせて46組の歌手が出場します。

先攻は白組で、関ジャニ∞が「ズッコケ男道~紅白で夢を歌おう~」でトップを飾ります。

対する紅組のトップは初出場のPUFFYで、「PUFFY20周年紅白スペシャル」を披露します。

前半の最後には紅組の「いきものがかり」と白組の「ゆず」が登場し、このあと渡辺直美さんとピコ太郎さんによる「紅白HALFTIME SHOW」が行われます。

後半、最初に登場するのは、白組が「前前前世[originalver.]」を歌う初出場のRADWIMPS、紅組が「サヨナラの意味」を歌う乃木坂46です。

そして、注目のトリは紅組は39回目の出場となる石川さゆりさんで、「天城越え」を特別バージョンで披露します。

大トリはメンバーの相葉雅紀さんが司会を務める白組の嵐で、「嵐×紅白スペシャルメドレー」を歌って締めくくります。

ことしのNHK紅白歌合戦は「夢を歌おう」をテーマに、大みそかの午後7時15分から総合テレビとラジオ第1で放送されます。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:28  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲