2016年12月26日 (月)

「ワム!」のジョージ・マイケルさん死去

K10010819811_1612260920_1612260921_01_02.jpg

1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し「ラスト・クリスマス」などの世界的ヒット曲で知られるイギリスの人気歌手ジョージ・マイケルさんが亡くなりました。53歳でした。

これはジョージ・マイケルさんの広報担当者が25日、明らかにしました。
マイケルさんは1963年、イギリスのロンドン郊外で生まれました。1980年代にポップデュオ「ワム!」として活躍し、「ラスト・クリスマス」や「ケアレス・ウィスパー」それに「ウェイク・ミー・アップ・ビフォア・ユー・ゴー・ゴー」などの世界的ヒット曲を次々と世に送り出しました。

1986年の「ワム!」の解散後はソロ歌手として活動し、1987年に発表したアルバム「フェイス」は、世界で1500万枚を売り上げる大ヒットとなり、アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞の「最優秀アルバム賞」を受賞しました。

最近ではおととしソロアルバムを発表したほか、ことしに入ってからも新しいアルバムの制作に向けて準備を進めていたということです。

一方、マイケルさんは私生活でもたびたび注目を集め、1998年にわいせつな行為をしたとしてアメリカで罰金刑を受けたほか、2006年以降、大麻や違法薬物を所持していたとしてイギリスで繰り返し逮捕、起訴されていました。

現地の警察によりますと、マイケルさんはクリスマスの25日の午後、イギリス南部オックスフォードシャーの自宅で、通報を受けて自宅に駆けつけた救急隊によって死亡が確認されたということです。

一部のメディアは、関係者の話として死因は心不全だと伝えています。マイケルさんの広報担当者は「皆に愛されたジョージが、クリスマスの時期に自宅で穏やかに亡くなったことは、とてつもなく大きな悲しみだ」というコメントを発表しました。

友人らが追悼のコメント

ジョージ・マイケルさんが亡くなったことについて、マイケルさんとともに「ワム!」で活躍したアンドリュー・リッジリーさんはツイッターに「最愛の友の死に、私や彼の家族、友人、音楽界、そして世界全体は悲しみにうちひしがれている」とコメントしました。

またイギリスの人気歌手エルトン・ジョンさんはSNSに「深い衝撃を受けている。とても優しくて心が広く、才能あるアーティストでもある最愛の友を亡くした」とコメントしています。

一方、アメリカの歌手マドンナさんはツイッターにマイケルさんと抱き合う様子を映した映像とともに「友達とのお別れ。また偉大なアーティストが私たちの元を去った」というメッセージを掲載しました。

このほか歌手のブライアン・アダムスさんは、ツイッターに「信じられない。とてつもなくすばらしい歌手で愛すべき人だった。私たちの元を去るには若すぎる」とつづり、マイケルさんの死を悼んでいました。

CDショップに追悼コーナー

イギリスの人気歌手ジョージ・マイケルさんが亡くなったことを受けて、東京・渋谷のCDショップには急きょ、追悼コーナーが設けられました。追悼コーナーでは、ジョージ・マイケルさんが1980年代に結成した「ワム!」の時代のものや、解散後にソロ歌手として発表した数々のアルバムが紹介されています。

店を訪れた30代の男性は「クイーンのフレディ・マーキュリーさんの追悼コンサートでジョージ・マイケルさんが、深く悲しんだ様子で歌っていた姿が印象に残っています。『ラストクリスマス』はこの時期によく流れる曲なので、来年また曲を聴いて亡くなったことを思い出すと思います」と話していました。

また、中学3年生の女子生徒は「このクリスマスの時期に『ラストクリスマス』を聴いていましたし、来年もまた次の年も聴く曲だと思うので、訃報を聞いて驚きました。もともとは父や母が聴いていて知った曲ですが、歌詞はわからなくてもクリスマスならではの曲だと感じていました」と話していました。

追悼コーナーを作ったタワーレコード渋谷店によりますと、「ラストクリスマス」が収録されたアルバムは、楽曲の発表から30年以上がたった今も売れ続けているということですが、突然の訃報を受けて多くの人が過去の作品を買い求め一部の作品は売り切れたため、レコード会社に発注して対応しているということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:08:51  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲