2016年12月28日 (水)

「スター・ウォーズ」レイア姫役 フィッシャーさん死去

K10010822341_1612280548_1612280549_01_02.jpg

映画「スター・ウォーズ」シリーズでヒロインのレイア姫役を演じたアメリカ人俳優、キャリー・フィッシャーさんが亡くなりました。60歳でした。

これはアメリカのメディアがフィッシャーさんの広報担当者の話として27日伝えたものです。

西部カリフォルニア州生まれのフィッシャーさんは映画デビューの2年後の1977年、「スター・ウォーズ」の第1作にヒロインのレイア姫として出演し、勇敢で、負けん気の強いキャラクターで人気を得ました。

その後、シリーズとなった「スター・ウォーズ」の2作目「帝国の逆襲」や3作目の「ジェダイの帰還」でもレイア姫役で出演したほか、去年公開された「スター・ウォーズ」シリーズの続編「フォースの覚醒」でも32年ぶりに同じ役を演じて大きな話題となりました。

最近では、「スター・ウォーズ」シリーズで恋人役だった俳優のハリソン・フォードさんと撮影時に不倫関係にあったことをことし自伝で明かしていました。

フィッシャーさんは今月23日、ロンドンからロサンゼルスへ向かう飛行機の機内で心臓発作を起こし、ロサンゼルス市内の病院に入院して治療を受けていましたが27日の朝、亡くなりました。

ハリソン・フォードさん「勇敢に生きた」

フィッシャーさんの死去を受け、「スター・ウォーズ」シリーズで共演したハリソン・フォードさんがコメントを出し、「キャリーは有能で独創的な人だった。ユーモアがあり、自分自身をさらけ出すことにおそれを抱かず、勇敢に人生を生き抜いた。私たちは彼女を忘れないだろう」としてフィッシャーさんの死を悼みました。

「スター・ウォーズ」シリーズの多くの作品で監督や製作総指揮を務めたジョージ・ルーカスさんもコメントを出し、「彼女はとてつもなく頭がよく才能あふれた役者だった。スターウォーズで演じたレイア姫は、賢くて負けん気が強く、いつも希望を失わない役で、多くの人が考えるより、難しい役だった」と述べ、フィッシャーさんをたたえました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:05:21  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲