2017年01月05日 (木)

「いきものがかり」が活動休止

K10010829841_1701051443_1701051444_01_02.jpg

NHKの連続テレビ小説の主題歌として歌った「ありがとう」が大ヒットするなど、明るく親しみやすい楽曲が幅広い世代に支持され、NHKの紅白歌合戦にも9年連続で出場した男女3人組の人気グループ「いきものがかり」が、5日で、いったんグループとしての活動を休止すると発表しました。

「いきものがかり」は、ボーカルの吉岡聖恵さんと、ギターの水野良樹さん、山下穂尊さんからなる男女3人組のグループです。


平成11年に(1999年)3人の出身地である神奈川県の厚木市や海老名市の周辺で、路上での音楽活動を始め、7年後の平成18年に「SAKURA」でメジャーデビューしました。

平成22年には、NHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌として歌った「ありがとう」が大ヒットするなど、伸びやかな歌声と明るく親しみやすい楽曲が幅広い世代に支持され、NHKの紅白歌合戦には、去年まで9年連続で出場しました。

「いきものがかり」の3人は、5日午後、グループのホームページに、「いきものがかり放牧宣言」というタイトルのメッセージを掲載し、3人での活動をいったん、休止することを明らかにしました。

この中で3人は、「10年間、3人で一生懸命に頑張ってきたので、ここらで一度、メンバーそれぞれ、自由になってみようと思います」と記しています。そのうえで、「3人の物語を、もっと長く、もっと楽しく、続けるために。いきものがかり放牧宣言。いきものがかりは3人が帰って来る場所です。またみなさん笑顔で、会いましょう!」とコメントしています。

所属事務所によりますと、今後は、一人一人が、音楽活動を含めてそれぞれ自由に活動を行い、しっかりと充電をしたうえで、再び3人での活動を再開したいと考えているということです。

3人のコメント(全文)

3人のコメント(全文)

3人は、次のようなコメントを発表しました。

いきものがかり放牧宣言

10年間、
3人で一生懸命に
      頑張ってきたので、

ここらで一度、
メンバーそれぞれ、
自由になってみようと思います。

好きなことをやってみたり、
新しいことをはじめてみたり、
ぼーっとゆっくりしてみたり、
行ってみたかったところへ
       旅に出てみたり。
それぞれの未来を、
     もっと広げるために。

3人の物語を、もっと長く、
もっと楽しく、続けるために。

いきものがかり放牧宣言。

ここでひとまず
「今まで、ありがとう。」
そして
「これからも、よろしく。」

いきものがかりは
3人が帰ってくる場所です。
またみなさん笑顔で、
会いましょう!

それでは行ってきます。

放牧!

いきものがかり 
水野良樹・吉岡聖恵・山下穂尊
            

「いきものがかり」とは

「いきものがかり」は、神奈川県出身の男女3人でつくるグループで、路上での音楽活動から始まり、メジャーデビューからは、去年で、ちょうど10年と節目を迎えていました。

リーダーでギターを担当する水野良樹さんと、ギターとハーモニカを担当する山下穂尊さんは、いずれも神奈川県の海老名市出身、ボーカルの吉岡聖恵さんは、海老名市に隣接する神奈川県の厚木市出身です。

水野さんと山下さんは、小学校から高校まで同じ学校で、グループの名前「いきものがかり」は、水野さんと山下さんが小学1年生のとき、クラスの中で、金魚の世話をする「生き物係」を一緒に担当していたことから名付けられました。

水野さんと山下さんは、高校生だった平成11年(1999年)の2月に音楽活動を始め、同じ年の11月に、2人の友人の妹だった吉岡さんがボーカルとして加わって、地元の厚木市や海老名市の駅前などで、路上やライブハウスでの音楽活動を本格化させました。

メンバーの大学受験などで活動を一時的に休止した時期もありましたが、7年後の平成18年(2006年)に、春が訪れた地元の情景を歌った「SAKURA」でメジャーデビューしました。

吉岡さんの力強く伸びやかな歌声と、明るく親しみやすいメロディーが幅広い世代に支持され、平成22年(2010年)にはNHKの連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」の主題歌として歌った18枚目のシングル「ありがとう」が大ヒットしました。

また、平成24年(2012年)の、NHKのロンドンオリンピック・パラリンピック放送のテーマソングとなった「風が吹いている」や、平成21年(2009年)のNHK全国学校音楽コンクールの「中学校の部」の課題曲となった「YELL」など、あたたかく前向きな気持ちになれる曲が多いことでも多くのファンに愛されています。

これまでに発表したシングルは32枚で、平成22年(2010年)に発表したベストアルバムは、これまでに170万枚を売り上げるミリオンセラーとなっています。

地元の神奈川県でも地域の人たちに親しまれていて、小田急線の海老名駅では「SAKURA」が、本厚木駅では「YELL」が、平成22年(2010年)から、電車が到着する際にホームで流れています。

NHKの紅白歌合戦には、デビュー3年目の平成20年(2008年)から9年連続で出場していて、5日前のおおみそかに放送された去年の紅白歌合戦では、デビュー曲の「SAKURA」を歌っていました。

デビュー前に路上ライブ 神奈川・厚木では

グループとしての活動を休止すると発表した「いきものがかり」は、メジャーデビューする前、神奈川県厚木市にある小田急線の本厚木駅前の路上でライブ活動を行い、地元の人気を集めました。

駅前を通りかかった女性は「驚きました。メンバーの1人の実家が自宅のすぐ近くにあるのでとても残念ですが、またすぐに復活していい曲を出してくれることを期待しています」と話していました。また、去年、厚木市で開かれたコンサートを見に行ったという別の女性は「地元の出身で、身近な存在だったのでショックです。グループとしてもっと頑張って欲しいです」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:14  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲