2017年01月16日 (月)

ザ・ガードマンなど 名脇役の神山繁さん死去

K10010841271_1701161511_1701161516_01_02.jpg

多くの映画やドラマで幅広い役柄を演じ、名脇役として活躍した俳優の神山繁さんが今月3日、肺炎のため亡くなりました。87歳でした。

神山さんは広島県呉市で生まれ、昭和27年に文学座に入ったあと劇団の結成に関わり、さまざまな舞台で活躍しました。

映画やドラマにも数多く出演し、アメリカ映画「ブラックレイン」の刑事役や民放のテレビドラマ「ザ・ガードマン」の警備員役など、幅広い役柄をこなす名脇役として人気を集めました。

NHKでは平成21年に放送されたドラマ「白洲次郎」で、主人公の晩年を円熟味あふれる姿で演じたほか、大河ドラマ「天地人」や連続テレビ小説「マッサン」などに出演しました。平成24年には、北野武監督の映画「アウトレイジ ビヨンド」にヤクザの役で出演していました。

所属事務所によりますと、神山さんは去年の1月ごろから肺炎のため入院し、その後、京都府内の自宅で療養していましたが、今月3日に亡くなったということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:14:19  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲