2017年01月20日 (金)

小澤征爾さん アルゲリッチ音楽祭に初出演へ

K10010845841_1701192301_1701200503_01_02.jpg

毎年、大分県内で開催されている「別府アルゲリッチ音楽祭」に、指揮者の小澤征爾さんが初めて出演し、音楽祭の総監督を務める世界的ピアニストのマルタ・アルゲリッチさんと共演することになりました。

「別府アルゲリッチ音楽祭」は、世界最高峰のピアニストの1人、マルタ・アルゲリッチさんが総監督を務め、19回目を迎えることしは大分県別府市や大分市で5月に開催されます。

ことしの音楽祭には、世界的な指揮者の小澤征爾さんが、みずからが総監督を務める水戸室内管弦楽団とともに初めて出演し、アルゲリッチさんと共演することになりました。

2人はベートーベンのピアノ協奏曲第1番で共演し、小澤さんの指揮のもとアルゲリッチさんがピアノの演奏を披露します。
アルゲリッチさんはアルゼンチン出身の75歳で、その才能と卓越した技術から「生ける伝説」とも呼ばれ、日本でも高い人気を誇っています。

一方、小澤さんは、指揮をした作品が去年、アメリカの音楽界で最も権威があるとされるグラミー賞で、最優秀オペラ・レコーディング賞を受賞するなど、81歳の今も音楽界の巨匠として活躍を続けています。

2人が共演するコンサートは、5月17日に大分市で開かれる予定です。

投稿者:かぶん |  投稿時間:05:03  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲