2017年01月24日 (火)

松方弘樹さん死去 梅宮辰夫さんらが悼む

K10010850971_1701241832_1701241845_01_03.jpg

俳優の松方弘樹さんが亡くなったことを受けて、松方さんと親交が深かった俳優の梅宮辰夫さんが神奈川県内で取材に応じ、「後輩のあいつが早く亡くなってしまうとは思ってもいませんでした」と松方さんの死を悼みました。

梅宮さんは東映の俳優として松方さんの先輩にあたり、映画「仁義なき戦い」などで共演したほか、釣りが共通の趣味で、一緒に世界各地の海に出かけるなど親交が深かったということです。

梅宮さんは24日午前、神奈川県内で取材に応じ、「残り少ない昭和の映画俳優だったので、いなくなって寂しいし、悲しい。後輩のあいつが早く亡くなってしまうとは思ってもいませんでした」と、時折、涙をぬぐいながら話していました。

そして、梅宮さんは23日、親族や近しい人だけで行われた葬儀に出席したことを明らかにしたうえで、「あいつから『天国にも海があるので釣りに来い』と言われたので、『待ってろ、俺もすぐ行くから』と答えました」と述べ、松方さんと心の中で交わした最後の会話をかみしめていました。

東映会長「ついにこの世代も」

松方弘樹さんが亡くなったことについて、「仁義なき戦い」シリーズなど、松方さんが出演する多くの映画を手がけた東映の岡田裕介会長が取材に応じ、「高倉健さんや菅原文太さんよりも下の世代の俳優が亡くなった。ついにこの世代もいなくなるのかというさみしい思いです。松方さんはスターというよりは俳優で、本当に演技のうまい人で、個人的にもざっくばらんに話してくれて、気持ちのいい人だった」と話していました。

加藤雅也さん「感性と技術見せてもらった」

松方弘樹さんが亡くなったことについて、松方さんの初監督作品「やくざの詩 OKITE 掟」に主演した、俳優の加藤雅也さんは「突然の悲報に驚いています。役者として作品でご一緒するたびに、たくさんの感性と技術を見せてもらいました。特に時代劇でご一緒させて頂いた時には、着物の着方やさばき方、粋なふるまい方などいろいろなことを教えてくださいました。もっともっと教えて頂きたいことはあります。本当に残念です。松方さんのご冥福をお祈りいたします」とコメントしています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:16:12  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲