2017年02月28日 (火)

「べっぴんさん」の撮影終了 芳根京子さんらが喜び

K10010893601_1702281901_1702281913_02_01.jpg

NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」の収録が28日で終わり、ヒロインを演じた芳根京子さんら出演者たちが、撮影が無事終わったことを喜び合いました。

NHK大阪放送局のスタジオでは28日、「べっぴんさん」の最後の収録が行われ、およそ9か月に及ぶ撮影が終わりました。

スタジオではヒロインの「坂東すみれ」を演じた芳根京子さんや夫役を演じた永山絢斗さんらがくす玉を割って、撮影が無事終わったことを喜び合いました。

また、28日は芳根さんの20歳の誕生日で、スタジオには本人が好きだというトマトが乗ったバースデーケーキが用意され、芳根さんは驚きの表情を見せていました。

芳根さんは「あまり自分のことは褒めたくないですが、9か月の撮影は苦しいことも多かったので、よくやったなという思いです。べっぴんなものづくりを最終回まで見届けてほしい」と話していました。

「べっぴんさん」は4月1日に最終回が放送される予定です。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:13  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲