2017年03月17日 (金)

タモリさんなど6人に放送文化賞

K10010915071_1703171220_1703171221_02_01.jpg

今月22日の放送記念日を前に17日、記念の式典が開かれ、タレントのタモリさんなど、6人に放送文化賞が贈られました。

放送記念日は92年前の大正14年3月22日に国内でラジオ放送が始まったのを記念する日です。

17日、東京・渋谷区のNHKホールで開かれた式典では、はじめにNHKの上田会長が「放送と通信の融合時代にふさわしい『公共メディア』への進化を目指して取り組んでいきたい」とあいさつしました。

続いて、来賓として出席した赤間総務副大臣と、衆議院総務委員会の竹内委員長、日本民間放送連盟の井上会長が祝辞を述べました。

このあと、放送文化の向上や放送事業の発展に功績があった人たち6人に放送文化賞が贈られました。

ことしの受賞者は、去年亡くなった東京大学名誉教授の阿部勝征さん、東京工業大学理事で副学長の安藤真さん、作曲家の加古隆さん、タレントのタモリさん、俳優の三田佳子さん、群馬県立ぐんま昆虫の森名誉園長の矢島稔さん、以上の方々で、それぞれ賞状と記念のブロンズ像が贈られ、阿部さんは妻の法子さんが代わりに受け取りました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:12:01  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲