2017年03月30日 (木)

憧れのタカラジェンヌに 宝塚音楽学校で合格発表

K10010930321_1703301307_1703301328_02_01.jpg

タカラジェンヌを養成する兵庫県宝塚市の宝塚音楽学校で30日、合格発表が行われ、難関を突破した40人が憧れの舞台への切符を手にしました。

合格発表は、午前10時に宝塚市の宝塚音楽学校で行われ、受験生たちが集まり、張り詰めた雰囲気の中、在校生が40人の合格者の受験番号を張り出しました。
受験生たちは、自分の番号を見つけると感極まって涙を流しながら家族や友人と抱き合ったり、受験番号を指さしながら記念写真を撮ってもらったりしていました。

ことしは15歳から18歳までの1042人が受験し、競争倍率は26.1倍と、これまでどおり狭き門となりました。
3回目の受験で合格したという埼玉県の小島亜月さんは、「たくさんの方に支えていただきやっと合格することができました。清く正しく美しい娘役になりたいです」と話していました。

入学式は来月18日に行われ、新入生は2年間、声楽やバレエなどのレッスンを受けて、憧れの舞台を目指します。

投稿者:かぶん |  投稿時間:11:41  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲