会見&インタビュー

2016年10月18日 (火)

将棋 三浦九段「不正していない」 NHKが単独インタビュー

K10010734201_1610181927_1610181935_01_03.jpg

日本将棋連盟から年内の対局の出場停止処分を受け、竜王戦に出場できなくなった三浦弘行九段が、処分のあと初めてNHKの単独インタビューに応じ、対局中に将棋ソフトを不正に使った疑いで連盟の調査を受けたことについて、「決して不正はしていないので処分を受けるいわれはない」と述べ、「公平にしっかりと調べてほしい」と訴えました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:19:13 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年10月13日 (木)

N響 情熱の首席指揮者に聞く

K10010728481_1610131322_1610131338_01_03.jpg

世界的に注目されるクラシック音楽の指揮者、パーヴォ・ヤルヴィさん。NHK交響楽団の首席指揮者に就任して1年がたちましたが、先週、契約を更新しました。当初は3年間という契約でしたが、さらに3年間、N響と仕事をすることになり、今後の目標などについて、芳川アナウンサーが話を伺いました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:13:38 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年09月21日 (水)

中村勘九郎さん 真田十勇士への思い

K10010701361_1609211123_1609211125_01_03.jpg

いま上演中の舞台『真田十勇士』。主演は、歌舞伎俳優、六代目中村勘九郎さんです。22日から上映が始まる映画『真田十勇士』の主演も、同じ勘九郎さんです。舞台と映画を同じ時期に公開する勘九郎さんに、その思いを聞きました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:11:28 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年09月15日 (木)

漫勉 天才・浦沢直樹に迫る

K10010687781_1609151846_1609151847_01_03.jpg

柔道少女が主人公の『YAWARA!』、人間の内面を描いたミステリー『MONSTER』、映画にもなった『20世紀少年』。多くのヒット作を生み出してきた漫画家の浦沢直樹さん。その浦沢さんが企画を構想したEテレの『浦沢直樹の漫勉』は、漫画家たちが作品を描いているところを撮影して、その映像をもとに創作の秘密に切り込みます。最新シリーズが15日から始まるのを前に、浦沢さんにインタビューしました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:18:47 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年06月30日 (木)

黒木瞳さん 初監督映画に込めた思い

K10010578461_1606301658_1606301720_01_03.jpg

女優の黒木瞳さんが、初めて映画監督に挑みました。映画のタイトルは『嫌な女』。原作の小説に惚れ込んで、映画化を実現させたという黒木さんに作品に込めた熱い思い、伝えたいメッセージをうかがいました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:17:20 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年06月29日 (水)

連続テレビ小説「ひよっこ」会見 主なやり取り

K10010577291_1606292256_1606292313_01_02.jpg

来年春から放送が始まるNHKの連続テレビ小説は、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描く、「ひよっこ」に決まりました。岡田惠和さんが脚本を担当し、有村架純さんがヒロインを演じます。29日に行われた記者会見の、主なやり取りです。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:23:30 | カテゴリ:会見&インタビュー
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2015年06月10日 (水)

特集・なぜ?最先端病院で相次ぐ死者

0610_01_kisha.jpg日本が世界に誇る先端医療の信頼が揺らぐ事態となっています。重い肝臓病の子どもを中心に、国内でこれまでに5000人以上の患者の命を救ってきた生体肝移植。
「医療産業都市構想」と銘打ち、その技術を海外に向けてアピールしようと、生体肝移植の世界的権威を病院長に迎え、去年11月、神戸市に開設された病院「神戸国際フロンティアメディカルセンター」で問題は起こりました。
生体肝移植の手術を受けた9人の患者のうち、インドネシア人を含む5人がいずれも手術後、1か月以内に死亡したのです。死亡率は日本の平均を大幅に上回り、これから生体肝移植を受けようという患者にも不安が広まっています。
今後も手術を続けるとする病院に対し、中止を求める学会。医療現場ではいったい、何が起きているのか。
科学文化部の稲垣雄也記者が解説します。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:22:18 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2015年06月10日 (水)

MERS感染者100人超 今後どうなる?

0608_01_kisha1.jpg韓国ではMERSコロナウイルスの感染者が100人を超え、大統領がアメリカ訪問を延期する事態にもなりました。次々に増える感染者。流行は今後どうなるのか。専門家は、「韓国に行っても 感染することは考えにくい」 としていましたが 状況は変わりつつあるのか。田中陽子記者が解説します。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:17:35 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2015年06月05日 (金)

移植手術再開後死亡 病院「重い責任感じる」

K10010104031_1506051214_1506051218_01_03.jpg

神戸市の病院で肝臓の移植手術を受けた患者が相次いで死亡した問題で、病院は「安心して手術を受けてもらえる体制が整った」などとして、今月、手術を再開しましたが、再開後の1例目として3日から4日の朝まで手術を受けた63歳の男性が、5日、死亡しました。病院側は会見し、「患者家族の希望に応えることができず、重い責任を感じている」と述べました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:16:45 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2015年06月02日 (火)

水木しげるさんの出征前の手記見つかる

0602_01_kisha.jpg人気漫画「ゲゲゲの鬼太郎」やみずからの戦争体験を基にした漫画などで知られる漫画家の水木しげるさん。
出征する前の年に水木さんが書き残していた手記が見つかりました。
戦後70年。
水木さん本人も存在を忘れていたという手記には、死と直面することへの不安や戸惑いなど、1人の青年の素直な思いがつづられていました。
科学文化部の小暮大祐記者が取材しました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:18:33 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲