ハンク -ちょっと特別なボクの日常- [全6回]

第1回を先行放送!

Eテレ 7月2日(土)、9日(土)

午後3時15分~4時30分

※1日3話ずつ放送

スタッフブログ

放送予定&あらすじ

放送予定

再放送予定

あらすじ

第1回「教室がナイアガラ!」

ハンクはディスレクシア(読み書き障害)で、文字の読み書きや数字が苦手。学校で、夏休みの出来事を作文に書く宿題が出されて大ピンチ。家族で行ったナイアガラの滝について書こうとするが、全然進まない。代わりに得意の工作で宿題をこなそうとするが…。とびっきりのアイデアが思わぬ騒動に!

第2回「王様とわり算」

ハンクの学校でミュージカルを上演することになり、オーディションが開かれる。大好きな女の子が主演に立候補すると知ったハンクは相手役に挑戦。運良く選ばれるが、ディスレクシア(読み書き障害)で台本を読めず、セリフが覚えられない。さらに、リハーサル中にとんでもないハプニングが起こる。

第3回「親子ディベート大会」

学校で恒例のディベート大会にハンクが出場することになった。親子でチームを組むことがルール。パパと妹のエミリーは連続で優勝を果たしている。しかし今回はハンクとパパ、エミリーとママが組むことに。ハンクはディベートのやり方さえ分からない。絶対に負けたくないパパの特訓が始まった。

第4回「理科室のハプニング」

転校生のベンはイケメンで何でもできる男の子。さっそくクラスみんなの人気者になる。仲良くなりたいハンクはディスレクシア(読み書き障害)であることを言い出せない。理科の実験では、やり方が分からないのに知っているふりをして…。学校中が大騒ぎに!

第5回「子育てに挑戦?」

学校で人形の赤ちゃんを使った「子育てシミュレーション」の宿題が出た。子育てがいかに大変か、子どもたちが体験するのが目的。ハンクも赤ちゃんの人形を24時間世話することに。だがハンクはママの店でアルバイトをすることになっていた。さて子育てと仕事、両方できるのか?

第6回/最終回「初めてのデート」

ハンクは学校で会った女の子、ゾーイに一目ぼれ。なんと彼女もディスレクシア。ハンクはデートに誘いたいが、言い出せない。学校の課題でお互いを紹介する文章を書くことに。文字を書くことが苦手なゾーイはハンクの歌を作るという。一方、ハンクはいいアイデアが浮かばない。学校の課題もデートもピンチに!

番組紹介

どんなときも あきらめない!

元気いっぱいの12歳の少年ハンクは、頭の回転が速くて行動力はバツグン。だけどディスレクシア(読み書き障害)で文字や数字が苦手。学校では毎日大ピンチで先生にはおこられてばかり。でもハンクはいつもユニークなアイデアでピンチを切りぬける。家族や親友だって支えてくれるし、ハンクはくじけない。今日失敗したって、明日がある!

原作は、ハンクと仲良しのロック先生を演じる俳優ヘンリー・ウィンクラーの自伝的な児童書。

ディスクレシアとは?!

ディスレクシア(読み書き障害)は、LD(エルディー:学習障害)の一つです。ディスレクシアは、脳の働き方によって、文字や数字の読み書きなどが難しくなります。どれくらい難しいかは人によって違います。

もう少し知りたい方はコチラ→「ディスレクシアってなに? ハンクが困るワケ

原題:
Hank Zipzer
制作:
2013年 イギリス、カナダ、アメリカ

© DHX Hank Zipzer Productions Limited 2013-2014
A Kindle Entertainment Ltd production in association with DHX Media Distribution Ltd and Walker Production Ltd for the BBC