2015年02月21日 (土)「キッチンに花が」   瀧川剛史



 

taki01.png
こんにちは。瀧川剛史です。
先日、夜遅く帰宅すると…。

taki001.JPGキッチンに色鮮やかな花が飾られていました。
妻に聞くと、知り合いから分けてもらったとのこと。

子どもの部屋をのぞくと、こちらの「キッチン」にも…。
 

taki002.JPG子どもが自ら飾ったそうです。

花があると、部屋の雰囲気もずいぶん変わるものですね。

春、街でも花が咲き始めるのが今から楽しみになりました。

 

投稿者:瀧川剛史 | 投稿時間:19:54 | カテゴリ:瀧川剛史 | 固定リンク

2015年02月10日 (火)初心  寺川奈津美


terakawa02102.jpg

先日、気象予報士を目指して勉強中だという方からお便りをいただきました。

ここ数年、睡眠障害とたたかい、今も闘病中だという方からでした。
毎日寝付けず、安定した仕事もできず、自分が何をしたいのかを発見できない日々が続いていたそうです。
そんな中でなぜ「気象予報士」を目指そうと思ったかというと、「毎日自分が役立てているのだから、自分も勉強したいと思った」とありました。

目標ができたことで、毎日が充実しているそうです。
何よりも、目標を達成して、心配かけている親を安心させてあげたいと書かれていました。

一生懸命努力している人は、それだけで周りを勇気づけると思います。
私もこのお便りを読んで、とてもすがすがしい気分になりました。

気象予報士の試験、頑張ってください。
私自身、何度もくじけそうになりましたが、努力を続ければ必ず合格できます。
気象という分野は奥が深くとても面白いです。
そして人の役にたてる資格です。

私も初心にかえり、頑張りたい気持ちになりました

投稿者:寺川奈津美 | 投稿時間:20:20 | カテゴリ:寺川奈津美 | 固定リンク

2014年12月26日 (金)慌ただしい師走に  瀧川剛史


taki12262.jpg

こんにちは、瀧川剛史です。

この原稿を書いている段階で、2014年も残りわずか。
読んでいただいているころには、もう年が明けているかもしれませんね。

みなさんはどのような1年を過ごされたでしょうか。
私は、秋が深まるころから仕事に追われて、慌ただしく過ごしていました。

季節を感じる余裕もなく、ただカレンダーの日付が進んでいくような感覚が続いていました。

いよいよ師走も後半というある日の夜、仕事を終えて外に出ると…。

taki1226.JPG雪があまり降らない地域で暮らしてきた方にとっては、この光を見ると、冬の深まりを感じる方が多いかもしれません。

そして、その数日後、冬至のニュースを伝えた日の夜。
自宅に帰ると、風呂の湯船に、3つほどのゆずが浮かんでいました。
スーッと鼻に抜けるさっぱりとした香りと、柔らかい肌触りのお湯。

ゆっくりとお湯につかっていると、ようやくほっとして、季節を感じることができたような気がしました。

2015年もきっと様々な出来事があり、
慌ただしくなると思いますが、
時には立ち止まって、心を落ち着かせる余裕も忘れないようにしたいですね。

引き続きよろしくお願いします!

投稿者:瀧川剛史 | 投稿時間:22:25 | カテゴリ:瀧川剛史 | 固定リンク

2014年12月08日 (月)東北の秋  寺川奈津美


terakawa3.jpg12月になり寒さがぐっと増してきましたね。
寺川奈津美です。
ちょっと前、通勤途中の道のイチョウ並木を見上げてパチリ。

tera12081.jpg

 

平野の紅葉もそろそろ終わり。
雪国は厳しい冬を迎えています。
秋のはじめに東北に行ったときのことを思い出しました。

12082.jpg「いも煮会」です。
河川敷にたくさんの人が集まっていてびっくりしました。
牛肉が入ったしょうゆベースと
豚肉がはいったみそベースのいも煮。

12083.jpg

どちらもおいしかったです。ごちそうさまでした!
この日は穏やかな晴れ。
夕方になると少し肌寒かったですが、それでも太陽の光が気持ちが良かったです。
こういった陽気をみんなでお祝いしているかのような盛り上がりでした。
東北の友達が、
「これが東北の秋だよ。そして・・・厳しい冬がくる~」と言っていたのが印象的でした。

西日本育ちの私にとって、
「いも煮会」は、初めて触れた文化でした。
東北の魅力をまた一つ知った気になって少し嬉しくなりました。

投稿者:寺川奈津美 | 投稿時間:20:47 | カテゴリ:寺川奈津美 | 固定リンク

2014年10月24日 (金)野球観戦  上條倫子


kamijo10245.jpg

上條倫子です。
すっかり秋らしくなり、朝、布団から出るのがつらいなと
感じる日も出てきました。

さて、10月の終わりといえば、日本シリーズ!
今週末からプロ野球の日本シリーズが始まります。
スポーツをするのも、見るのも大好き。
小さい頃から父の隣で野球のテレビ中継をみて、
学生時代は、東京ドームでアルバイトをしたこともあります。

社会人になって、球場から足が遠のいていたのですが、
ひさしぶりに行ってきました!

kamijo10243.JPG
初めて仙台で野球観戦です。
星野監督が今季限りで勇退されるということもあり、
なかなか関東以外の球場に行くことがなかったので、
シーズンの終わりに行ってきました。

この日の試合は残念ながら負けてしまいましたが、
スタジアムの雰囲気に感動しました。
試合前から球場の外で音楽のイベントで盛り上がっていたり、地元特産の海産物の屋台が出ていたり。
野球観戦しなくても、わいわいする雰囲気を楽しみに来られるような、地域の憩いの場になっていました。

地域に深く根付いたチーム。
仙台をはじめ東北のみなさんから、いかに愛されているのかを感じました。

全国の色んな球場をたずねるのも楽しそうです。
来年の新しい楽しみにしようかな、と思います!

投稿者:上條倫子 | 投稿時間:20:13 | カテゴリ:上條倫子 | 固定リンク

2014年10月03日 (金)「進化するスポーツ」  松村正代


1003matumura.jpgこんにちは、松村です。
今年の夏、普段とはちょっと違う仕事を経験しました。
チアリーディング日本選手権大会・ジャパンカップの実況です。
1003matumura02.jpgチアリーディングの日本一を決める、
1年でいちばん大きな大会。
大学時代、私も出場していました。
会場の代々木第一体育館に足を踏み入れただけで
競技をする前の緊張感がよみがえってきたり、
音楽がかかると一緒に手拍子をしてしまったり…
現役時代の感覚がすぐに戻ってきました。
でも、このチアというスポーツ、
この何年かで驚くほどの「進化」を遂げていたんです。
4年前にも一度実況を担当しましたが、
その時と比べても技の進歩は歴然。
「こんなにひねり技が入っていましたっけ?」
「全員がバック転してますよ!」
「連続技からのピラミッド、どうなってるんですか?」
毎年担当して下さっている解説者の方に、
興奮がちに質問攻めでした。
オリンピックの競技ではないチアですが、
これから6年経って、
東京オリンピック・パラリンピックのころには
どんな技が見られるようになっているのかな。
想像が膨らむ大会3日間でした。

投稿者:松村正代 | 投稿時間:20:14 | カテゴリ:松村正代 | 固定リンク

2014年09月25日 (木)「動物園で」  瀧川剛史


taki001.jpg
こんにちは、瀧川剛史です。
このところ朝晩は涼しい風が吹いて、
秋を感じます。行楽シーズンですね。

休日に動物園に行ってきました。

taki01.JPG

こんな姿を見ているだけで、リラックスできますね。

この動物園では、園内でバスに乗りながら、
動物を観察したり、エサをやったりすることができました。

 

taki02.JPG

迫力満点の動物たちもさることながら、印象に残ったのがバスのドライバー兼、案内役の男性の話術です。
60歳前後の方でしょうか…。

「ラクダのコブには、脂肪が入っている」
「シマウマは、立ったままで一日わずかな時間寝るだけ」
「ライオンは、狩りの時間以外、ほとんど寝ている」

 

taki03.JPG

男性は、バスの前に現れた動物たちの
個性的な一面を次々と披露します。

しかも、「味のある」話し方をされるのです。

決して流れるように話すわけではありません。
つまったり、言い直したりしながらですが、
一つ一つの言葉が、不思議としっかり耳に残るのです。

キーワードは2~3回繰り返す。
お客さんが聞き逃さないように
配慮されているようでした。

恐らく毎日、何度もお話されていると思うのですが、
まるで初めて話すかのように、新鮮な響きに満ちていました。
動物たちへの深い愛情があるからこそだと思います。

そんな男性の話を聞きながら、
「アナウンサーとして見習わなくては!」と思ったのでした。 
 

投稿者:瀧川剛史 | 投稿時間:13:42 | カテゴリ:瀧川剛史 | 固定リンク

2014年09月12日 (金)テニスボーイ 武田真一


tk09122.jpg
錦織選手の全米オープン、
楽しませてもらいました。
強敵を次々と破っての決勝進出。
夢かマンガの世界だと思っていたことが、
現実に起きている。
なんだかボーっとしながら
テレビを見続けました。

10代のころ一応テニス選手だった僕にとって、
アメリカのアカデミーに留学するなんて
まさに夢物語でした。
オレンジボール(ジュニア国際選手権)に
出場して、ツアーを回って、グランドスラムの
本選にストレートインなんてことも、
雑誌で読むだけの遠い遠い世界。
同世代で4大大会のチャンピオンになった
ボリス・ベッカーやマイケル・チャンは、
別の星の人なんだろうとさえ思えましたね。
なんせ、県大会のダブルスでベスト8が
最高成績なので。。。
錦織君は、僕ら往年のテニスボーイにとっても
夢のアイドルなのです。

tk0912.JPG

久しぶりに実家に帰って納戸をのぞいたら、
偶然、高校の時に使ってた

ラケットが出てきました。
4大大会を7回制した、
スウェーデンのマッツ・ビランデル選手の
使用モデル。
熊本のスポーツ店に置いてなかったので、
テニス雑誌の広告をちぎって、
現金書留の通信販売で手に入れたもの。
届いてみると、重くて飛ばなくて、
とても手に負えるものではなかったけど。

マイケル・チャン氏もベッカー氏も、
今ではコーチとなってコートサイドに
姿を見ることができます。
一番好きだったけど、
プレースタイルはとてもまねできなかった
ジョン・マッケンロー氏は、
テレビ局の解説者をつとめているようですね。
でも、なんといってもいちばん興奮したのが、
往年の名選手、スタン・スミスさんが、
決勝戦のコイントスに出てきたこと。
高校生のころ履いていた
お気に入りのテニスシューズに印刷されてた
あの顔が、ちっとも変ってなかったのです!

投稿者:武田真一 | 投稿時間:21:42 | カテゴリ:武田 真一 | 固定リンク

2014年08月01日 (金)天気教室@石巻  寺川奈津美


tera08011.jpg

先日、宮城県石巻市で小学生を対象にした
天気イベントがありました。
親子あわせて100人くらい
来て下さいました。
人数にもびっくりしたのですが、
もっと驚いたのは子どもたちの元気の良さ。

tera0801.jpg
出前授業などで、いろんな小学校の
子どもたちに会う機会があるのですが、
その中でも元気さはトップクラス。
クイズではたくさん手を挙げてくれましたし、
実験は大はしゃぎ。
工作の時間は職人のように集中して
パワーを感じました。
小さな妹や弟と一緒に来てくれた子もいました。
お兄ちゃんやお姉ちゃんが
やり方を教えてあげていました。

震災後、公園など遊ぶ場所が減っていると
聞いていたのですが、子どもたちの笑顔を見て、
なんだかこちらが元気づけられました。

夏休みが始まったばかりですが、
早速、日焼けで鼻の頭の皮がむけている
子どももいました。
学校のプールによく行っているそうです。
このあとキャンプに行くという子もいました。
今回のイベントも、子どもたちの夏休みの
思い出の一つになったらうれしいです。
また会えたらいいな~。

投稿者:寺川奈津美 | 投稿時間:09:30 | カテゴリ:寺川奈津美 | 固定リンク

2014年07月28日 (月)「初心にかえる夏」  瀧川剛史


taki07821.jpg

こんにちは、瀧川剛史です。

夏の高校野球の季節ですね。
高校球児たちのひたむきな姿を見るたび、
新人時代、毎日のように地元の球場に通って、
ラジオの野球実況の
練習をしたころを思い出します。

最初のうちは
「投げました!打ちました!」すら、
うまく言葉で追えません。
プレーの展開が速すぎて舌がうまく回らない。
(特にダブルプレーやホームインの瞬間)
試合の臨場感が声でうまく伝わらない…。
悔しい思いばかり記憶にあります。

そんなとき助けになったのが、
学生時代に偶然出会った
学内のアナウンスサークルでもらった
練習帳でした。

taki07282.JPG

「あ・い・う・え・お」など、
おなじみの発声・発音の方法論や、
独自の練習文が詰まった冊子です。
学生手作りとはいえ100ページ近くの大作。

久しぶりに手にとり、コツコツと練習すると、
少しずつではありますが、
野球のプレーの展開になんとか描写の言葉が
追い付くようになりました。

社会人1年目の夏、
仕事の手ごたえを、
少しだけ感じた経験でした。

この練習帳を初めて手にしてから、
もう15年近く。
いまでも時々開いて、使っています。
アナウンサーにとって発声・発音の練習は、
野球でいう
「素振り」みたいなものでしょうか??

初心と基本、
いつまでも大切にしたいですね。

投稿者:瀧川剛史 | 投稿時間:10:23 | カテゴリ:瀧川剛史 | 固定リンク

ページの一番上へ▲