2018年08月27日 (月)

高校生が贈る 支援コンサート   桑子真帆

震災から7年半近く経つ、宮城県名取市の閖上地区です。

こちら、日和山からの眺め。

20180827_net_photo1b.JPG

もともとは住宅が建ち並んでいた地域です。

東日本大震災の翌年に植えられた桜の木は、私の背丈を越える高さにまで成長していました。

20180827_net_photo1c.JPG

この地区に、この春から子供たちの声が戻って来ました。

閖上小中学校が開校したんです。

20180827_net_photo1d.JPG

大きくて立派な校舎です。

20180827_net_photo1f.JPG

校長の八森先生は「子どもたちの声を聞くと元気をもらう」と笑顔がこぼれていました。

20180827_net_photo1g.JPG

8月27日、この学校で行われた演奏会を取材してきました。

20180827_net_photo1h.JPG

演奏したのは、東京都立富士森高校の吹奏楽部の皆さん。

20180827_net_photo1i.JPG

選曲やスケジュール調整はもちろん、バスや宿泊先の手配も全て部員たちで行っています。

震災の年から閖上に音楽を届け続けてきました。

「閖上の皆さんに音楽の素晴らしさと笑顔を届けたい!子どもたちに音楽やりたいなって思ってもらいたい!」と、

この日のために一生懸命練習してきました。

「復興支援」とふりかぶるのではなく、高校生ならではの発想で、でも心配りは大人顔負けの細やかさ。

演奏会本番、こどもたちの楽しげな様子が印象に残りました。

皆さんの奮闘ぶり、詳しくはこちらの「特集ダイジェスト」でご覧ください。 ※クリックすると記事が読めます。

投稿者:桑子真帆 | 投稿時間:17:07


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS

page top