一橋忠之

2018年12月14日 (金)

フィギュアスケート 紀平梨花選手の強さ   一橋忠之

みなさんこんにちは。
朝、布団から出られなくなってきた一橋です。
日に日に寒さが厳しくなるこの時期。

ということは・・・。
フィギュアスケートシーズン本番ということです。(ちょっと強引ですかね・・・)
連日お伝えしてきたフィギュアスケート。
女子では紀平梨花選手。グランプリデビューとなったNHK杯で優勝すると、フランス大会も優勝、そのままの勢いでグランプリファイナルまで制して、日本女子13年ぶりとなる快挙を成し遂げました。
その強さは本物です。

20181029_blog_itihashi.JPG

(フリーの演技前の決めポーズ)

特に、トリプルアクセルを、あれだけの確率で跳べるというのは本当に強い。
というのも、アクセルジャンプは、SPでもFSでも、必ず跳ばなければいけないジャンプだからです。ルールでは、SPでは3つ、FSでは7つまで、ジャンプを入れることができます。そのため、苦手なルッツやサルコーは大会やプログラムによって入れないという選手もいます。しかしアクセルだけは、唯一、必ず跳ばなければいけないジャンプなのです。
このアクセルジャンプでみんなが2Aしか跳べないなか、3Aが跳べる。つまり、成功すれば必ず相手に差をつけられるわけです。
そして、このことは気持ちの面でもかなり有利に働くと、解説の本田武史さんは指摘しています。
現在、女子のトップ選手の最高難度は、3回転3回転のコンビネーションジャンプです。しかしみんなが同じようなジャンプコンビネーションを跳ぶため、そこでは点数の差がつきにくい。逆に言えばそこでミスが出ると文字通り大きな減点となります。こうなると、選手の心理はミスできないという守りのメンタルになりがちなのです。
ところが紀平選手にとっては、3回転3回転は最高難度ではありません。3回転3回転を跳べるうえで、さらに難しい3Aにチャレンジしています。今回グランプリファイナルは、SPで1位。普通はよりいっそう守りのメンタルになりそうな状況のFSで、冒頭2本の3Aを跳ぶ。紀平選手はそのことで、気持ちの面で守りに入らず、チャレンジャーとして試合に向かえていたというわけです。

20181214_blog_ichihashi02.JPG

(NHK杯直後の濱田チームに完全に勘違いして入る一橋)

 

さて、紀平選手が指導を仰ぐ濱田美栄コーチは、宮原知子選手のコーチとしても知られています。
NHK杯終了直後、会見を終えたときのことです。優勝者に渡された月桂樹の冠を手にした紀平選手に、2位だった宮原選手が声をかけました。
「それつけて先生と写真撮ってあげるよ。」
自らが敗れた悔しさは間違いなくあったと思います。でもそれよりも、勝った後輩を称え、共に指導を仰ぐ濱田コーチへの感謝と喜びを分かち合う。宮原選手は、グランプリファイナルで6位。結果はくやしいものとなりました。でも宮原選手も、このあと必ず巻き返してくると思います。
切磋琢磨する2人をこれからも取材していきます。

20181214_blog_ichihashi03.JPG

(次は全日本で見られる2人の直接対決)

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:15:59 | 固定リンク


2018年10月30日 (火)

秋といえば・・・   一橋忠之

いきなりですが、スポーツの秋です。
みなさん、こんにちは一橋です。

誰がなんと言おうと、秋はスポーツです。
だって、日本シリーズも始まりましたよ。
Jリーグだって佳境です。Tリーグが開幕しました。
毎日、毎日、スポーツです。
天気もいいし、暑くない!なのに寒くもない!
だから子供たちの運動会も各地で開催中!

ということで、今日はスポーツのお話です。(今日も)

これだけ、強引に秋のスポーツばかり挙げてきましたが、これから記すのは・・・

フィギュアスケートです。
世界のトップスケーターが出場する「グランプリシリーズ」が始まっています。

今年は平昌オリンピックがありました。
私が長年取材を続けてきた宮原知子選手も見事4位。
あの大舞台であれだけの演技。
正直、僕は、あの演技を見たとき、点数とか、順位とか、どうでもいいとさえ思いました。
もちろんアスリートは勝利を目指して戦っていますが、
そうしたものを超えて訴えかける力のある演技でした。

さらに、ぜひ注目していただきたい選手がいるのです。

20181029_blog_itihashi.JPG

(紀平梨花選手とフリーのオープニングの決めポーズ!)

16歳の紀平梨花選手です。
今シーズン、シニアデビューしました。
11月9日~11日、広島市で行われる「NHK杯」に出場、
グランプリシリーズに初登場となります。

ご存知のかたも多いかも知れません。

なんせ、彼女・・・
トリプルアクセルが跳べちゃうんです。

女子ではまだ世界で数人しか跳べないあのジャンプを。
16歳の高校1年生がぁっ!
しかも1本じゃない。
ショート、フリー、あわせて3本も跳んでしまうんです。
すごいですよね。
何でそんなことが??
そう思ったみなさん。
たくさん書きたいことがあるのですが、詳しいことは・・・
来週のニュースウオッチ9をお見逃しなく。
(ただの番宣でしたね・・・失礼しました。)
とても素敵な選手ですよ。

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:15:03 | 固定リンク


2018年09月26日 (水)

見られている   一橋忠之

 

みなさん、こんにちは。

迷ってますか?

僕は迷ってます。

夏物、片付けようか。

そもそもこの時期、何をきるべきか。

20180926_blog_ichihashi.JPG

どうせなら毎日スーツのほうが、楽は楽なんですが(迷わないという点において)満員電車の通勤、駅から会社まで汗だくになるような日差しを考えると、もう少し着心地として楽な服、でも今日も、雨だし、微妙に蒸し暑いし、今は降ってないけど、あとで雨っぽいし。

迷いに迷っている一橋です。

 

前置きが長くなりましたが、大相撲秋場所が終わりました。

よくよく考えてみると、年六場所のうち、国技館で行われる三場所は必ず見に行くという生活を、長く続けています。

その中で、今場所ほど見所が多かった場所もそうそう無いなと思い返しています。

稀勢の里の復帰、御嶽海の大関とり、角番の栃ノ心、そして白鵬の幕内通算1000勝などなど、まさに枚挙にいとまがないという幕内の充実した取り組み、顔ぶれでした。

それに比例するように国技館は連日満員。

昼過ぎごろに国技館の前に着くと、熱心なファンの方たちが大勢並んでいます。

もちろん入場まちではありません。

力士の入りまちです。

それぞれのお気に入りの力士の到着を待ち、「今日もがんばってー」と、声をかけるのです。

館内はもちろん、外まで大いに盛り上がっていた今場所。

中でも印象に残るのが、序二段の大露羅(おおろら)です。

体重292.6キロの歴代最重量といわれる力士です。

35歳。この秋場所を最後に引退しました。

最後の取り組みで今場所初白星を挙げた大露羅は、土俵に向かって両手を合わせ、一礼。

大きな声援を浴びながら、花道を引き上げていきました。

私は大露羅について、ニュースでお伝えしたことはありません。

幕内に上がったことのない大露羅を、この日もニュースで取り上げることはありませんでした。

それでもたくさんの方が声援を送る姿を見て、改めて、見ている人はちゃんと見ているんだなと感じました。

勉強不足で大露羅を知らなかった私は、実はこのとき、はじめて大露羅について調べました。

故北の湖親方にスカウトされ、ロシア出身者として初の角界入り。長く北の湖親方の付け人を務め、生前、師匠とは定年までがんばるよう約束していたそうです。北の湖親方が生きていれば65歳定年となった今年、その約束を果たすかのように引退しました。

 

熱心なファンの方たちはきっとご存知だったんでしょうね。

たくさんの拍手をもらい、花束を抱えて笑顔で花道を去る大露羅の姿をみて、素直に素敵だなと思いました。

がんばっている姿は誰かが見てくれている。

見られているという自覚と、しっかり見つめていこうという決意を、新たにさせてもらった秋場所でした。

 

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:16:34 | 固定リンク


2018年09月11日 (火)

最後の1失点と、「1%の後悔」と...   一橋忠之

あの日、ロシアのピッチで見た出来事を、何度も思い返しています。

サッカーワールドカップロシア大会。
7月2日 ロストフアリーナ、決勝トーナメント1回戦 日本vsベルギー。
2-0リードから2-2同点に追いつかれて、アディショナルタイム。

「やられるっ!」デブルイネ選手の高速ドリブルから日本の左サイドにボールが入ったとき、中は数的不利になっていました。

長友選手が引っ張りだされ、長谷部選手が戻りながらルカク選手につく。
そのルカク選手がスルーしたボールは、長谷部選手が伸ばした足先をかすめてファーサイドのシャドリ選手へ……。

そして、歓声と悲鳴。

「これが世界との差かっ」記者席にいた自分の口から、思わずこぼれた一言です。

日本2-3ベルギー。こみ上げてくる寂しさ、悔しさ。いまでもその時の気持ちがよみがえります。

世界ランク3位のベルギーを相手に、原口選手と乾選手のゴールで2点リード。
ゲーム後半の序盤までは、次の夢を思い描くのに十分な状況でした。しかし、そのおよそ30分後に、逆転され、ワールドカップ敗退。

スポーツに「タラレバ」はありませんが、それでもなお、勝つことができたとしたらどんな方法があったのか、考えずにはいられませんでした。

キャプテンの長谷部誠選手は、失点するまではベルギーチームは上手く機能してないと感じていた。しかし失点後は今まで感じたことのないぐらいの圧力を感じた、と話し、自分たちの甘さ、経験のなさのようなものも痛感した、とも話していました。

ワールドカップ3度目の出場となる今大会を終え、日本代表を引退すると表明した長谷部選手。

ロシアから帰国したときの記者会見で語られた「99%の満足感と1%の後悔がある」。

その1%をどう次につなげていくのか、僕たちの日本代表の姿をこれからも見続けていきたいと思います。

20180821_blog_itihashi3.jpg
(帰国後、胸がいっぱいの一橋アナ)

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:10 | 固定リンク


2018年05月25日 (金)

世界の入り口   一橋忠之

 

みなさんこんにちは。

イニエスタ。

本当に来るんですね。

 

ずいぶん前からうわさはありました。

まあまあ前から報道されてました。

ちょっと前からニュースにもなっていました。

信じたい。

けど、まさか・・・。

自分でもニュースを読んだのに・・・。

まだ信じられない・・・。

そんな気持ちのまま会見場へ行くと・・・。

本当に来ました。

イニエスタ。

 

20180525_blog_ichihashi.JPG

(ほんものだぁ~)

 

いまさらイニエスタのすごさを語るつもりはありません。

でも、イニエスタが日本でプレーする。

そう聞いただけで夢はどんどん広がります。

だって、昨日の会見では「チーム力の向上だけでなく、ユース年代のアカデミーへのメソッド導入にも期待している」というチームの話も出ました。

 

バルセロナのカンテラ(下部組織)出身のまさにバンディエラ。

ユース年代の選手がどんな練習、どんな生活の中で育っていくのか?

原則非公開というバルセロナの育成術のどこか少しだけでも日本のサッカーに組み込むことができればそれは大きな価値がありますよね。

 

さらに、イニエスタが日本で充実した日々を送り、現役生活の中でも良い時間をすごせたとしたら、バルサの同僚やスペイン代表クラス、あるいはヨーロッパ各地のイニエスタをリスペクトするようなプレーヤーたちが、移籍先の候補に日本を挙げてくれるかも知れない!

そしたら、あの選手やあの代表が・・・。

 

イニエスタのJ加入。

世界につながる「どこでもドア」が、神戸にやってくる!

 

ああぁぁぁ、妄想がとまりません。

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:20 | 固定リンク


2018年04月20日 (金)

天気がいい日は・・・   一橋忠之

みなさんこんにちは。

ここ最近の寒さから一転、この日はとってもいい天気!

こんな日は海でしょ。海!

Marine!

ということで、千葉ロッテマリーンズの取材に行ってきました。

 

開幕戦からスタメンに名を連ねる期待のルーキー、藤岡裕大選手。

俊足、強肩ショート、バッティングも、選球眼もいい。

その上、初めてお会いしたらイケメン!

天は藤岡選手にいくつお与えになったのでしょうか・・・。

 

プレーのことはもちろん、せっかくなのでいろいろ聞いてみると・・・。

一橋)チャームポイントは?

藤岡)えー・・・。小顔?

 

と、はにかみながら、確かに小さなお顔で話してくれました。

 20180420_ichihashi_001.JPG

(藤岡選手と、並ぶにあたり遠近法を使おうかと姑息なことを考える一橋)

 

そんな冗談だけでなく、ルーキーらしからぬ確かな存在感を見せる藤岡選手にたっぷりお話を伺いました。

しかも!

今季から指揮を執るこの人にも・・・。

20180420_ichihashi_002.JPG

(井口監督と、おそるおそる隣に収まってみた一橋)

 

プロ野球の日本一もワールドシリーズチャンピオンも経験しているあの井口資仁監督にも藤岡選手の魅力を直撃しました。

詳しくは近日放送予定。

いつ放送になるのか???

毎日見逃せませんよ(笑)

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:27 | 固定リンク


2018年03月23日 (金)

足のサイズはなんと34センチ   一橋忠之

皆さんこんにちは!

鼻つまってますかぁ?

僕はつまりにつまっています。

 

春なのに、春だから。

桜が満開なのに、桜が満開だから。

 

センバツも開幕し、まもなく、プロ野球も開幕。

花粉の春はスポーツの春。

黄色い、目に見えない粉なんかに負けず、ピョンチャンから続くスポーツの熱を2020まで冷ますことなく日々お伝えします!

 

ということで、先日早速、東京オリンピックにも期待がかかる柔道重量級の斉藤立選手のインタビューをお伝えしました。

20180321_net_photo_1.JPG

(高校1年生、まだ16歳の斉藤立選手とだいぶ昔に高校生だった41歳の一橋)

 

190センチ。155キロ。巨大な手のひら、足のサイズはなんと34センチ!!

 

一橋)34?そんな靴売ってますか?

斉藤)お母さんが海外から輸入してます。

一橋)規格外とはこのことですねぇ~。

斉藤)いやいや、まだまだです。

 

と、斉藤選手。20歳になったらどれだけ大きくなってしまうのか・・・。

とにかく楽しみな16歳です。

 

ロサンゼルス、ソウルとオリンピック2大会連続金メダルの故・斉藤仁さんを父に持つ斉藤選手。

幼いころから父の得意技「体落とし」を文字通り叩き込まれ、その技で先日の全国高校選手権、団体戦優勝を果たしました。

 

一橋)斉藤選手はいまどんな未来像を描いてますか?

斉藤)今年の目標は出る試合はしっかり勝つ。

   来年中にこの階級で一番強くなって東京オリンピックに出て金メダルです。

           自分のためというよりお父さんとかお母さんとか、色んな応援してくれた人のために獲りたいです。

 

大きな夢を、みんなのために叶えたいと、少しはにかみながら答えてくれた斉藤立選手。

また是非取材にお邪魔したいと思います!

20180323_blog_ichihashi.JPG

 

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:48 | 固定リンク


2018年02月22日 (木)

女子フィギュア フリーへの展望   一橋忠之

宮原知子 選手、坂本花織選手ともに自己ベストを更新した女子フィギュアショートプログラム!

昨日はその振り返りとフリーへの展望を、解説の八木沼純子さんとお伝えしました。

放送前、ご自身が解説を担当された中継VTRを見ながら「興奮しちゃって、アナウンサーさんと何度も声がかぶっちゃったんです」とおっしゃっていました。

それくらい、両選手の演技が素晴らしかったということですね!

宮原選手、坂本選手のメダル獲得へ、フリーで大事になるポイントを書いて頂くと…

20180222_blog_ichihashi2.JPG20180222_blog_ichihashi.JPG

「たくさん要望を書いてしまいましたが、間違いなく二人ともそれができる選手です!」と力強いお言葉も。

フリー、期待しましょう!

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:34 | 固定リンク


2018年01月25日 (木)

玉ノ井親方インタビュー   一橋忠之

一橋忠之 です!

終盤戦を迎えた大相撲。

一敗で並ぶ横綱・鶴竜と、 平幕・栃ノ心 。このあとどうなる?!

玉ノ井親方にがっぷり四つで?聞いて来ました!

20180125_blog_ichihashi.JPG

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:19:39 | 固定リンク


2017年11月16日 (木)

一気に・・・。   一橋忠之

朝晩の寒さが厳しくなってきましたね。

渋谷の町はもうイルミネーションが輝く季節になりました。

20171116_blog_ichihashi.jpg

いち早くお届け!

 

 

20171116_blog_ichihashi2.jpg

毎日通る代々木公園のケヤキ。

 

 

日中の色づいた景色もいいですが、冷たく澄んだ冬の空気の中のイルミネーションって、寒いのに、あったかい感じがしますよね。

 

そして、あったかいどころか、熱いくらいなのが平昌オリンピックに向けた選手たちの戦いです。

 

先日、フィギュアスケートのNHK杯に行ってきました。

 

羽生結弦選手がまさかの怪我で欠場。

驚きましたし、残念でしたが、アスリートにはこういうことも必ずあります。

今はとにかく、一日も早く元気な羽生選手の姿が見られることを願っています。

 

一方の女子はご存知のように怪我から復帰した宮原知子選手が11ヶ月ぶりの実戦。

全日本選手権3連覇している宮原選手にとって、5位という結果は一見物足りないようにも思うかも知れません。

でも、股関節の疲労骨折で、全くリンクに上がれない時期があり、その後もジャンプの練習は大会直前も本来の2割程度しかできなかったといいます。

その中でフリーの3回転3回転を含め、あれだけの演技ができたことはすばらしかったと思います。

先日番組でもご紹介しましたが、僕は宮原選手が中学生のころから取材をさせていただいてきました。

本当にまじめで、練習熱心。

当時同じリンクで練習していた高橋大輔さんや織田信成さんも「あんなに練習できない」と驚くほどの練習量で積み上げてきた選手です。

怪我も少なく、リンクに上がれなかったのは今回が初めてでした。

練習ができない時間、どれほど心を乱されたかについて本人は多くは語りません。

それでも4年前ソチオリンピックの代表を逃し、次こそという思いでいた平昌オリンピックを前に練習さえできない。

穏やかではなかったと思います。

でも、宮原選手は元気にリンクに戻ってきました。

そして、このシーズンの目標に「初志貫徹」という言葉をあげてくれました。

 

20171116_blog_ichihashi3.jpg

 

4年前、まだ14歳だった宮原選手に当時の目標を聞くと「オリンピックで思い切って滑って悔いの無いように滑りきるというのを目標にしたいです。」と答えてくれました。

一途に思い続けてきた宮原選手が今、目標を「初志貫徹」というのを聞いてなんだかうれしくなりました。

女子の代表争いは熾烈です。

そのなかでスケートの神様が誰に微笑むのか?

しっかり見つめたいと思います。

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:13:43 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

バックナンバー


RSS

page top