一橋忠之

2017年10月19日 (木)

雨だし、寒いし・・・。   一橋忠之

 

みなさん、こんにちは。

洗濯物たまってますか?

うちはたまってます。

寒くなったから夏物をしまいたいけど、洗濯できてません。

たまってます。

 

洗濯物といえば・・・。

セリーグCSファーストステージ第2戦。

阪神とDeNAの試合は壮絶な「泥試合」。

内容ではなく、文字通り、雨でずぶぬれ、泥だらけの試合でした。

チーム関係者の方はお洗濯大変ですよね。

甲子園に見に行っていたお客さんも、試合が見られて良かったですけど、寒かったでしょう。

ただ、この雨が明暗を分けました。

CSではレギュラーシーズン上位のチームにアドバンテージがあります。

ファーストステージでは、全て試合ができなかった場合、あるいは1勝1敗の場合は2位のチーム・つまり今回のセリーグでは阪神が勝ち上がることができました。

しかも、初戦を勝利したのは阪神。

そう。無理に第2戦をやらなくても、阪神は勝ちあがれたのです。

結果は皆さんご存知の通り。

そして、ファイナルステージでも、セリーグの第1戦はCS史上初の降雨コールド。

お天気ばかりはどうしようもないものですけど、このお天気・・・。気になりますね。

 

そして、気になるのがもうひとつ。

来週行われるプロ野球のドラフト会議です。

早稲田実業の清宮幸太郎選手をはじめ、広陵の中村選手、履正社の安田選手など、規格外の高校生スラッガーがどこのチームに行くのか?楽しみですよね。

楽しみすぎて、先日、元祖・怪物球児といわれた中西太さんにお話を聞いてきました。

20171019_blog_ichihashi.jpg

(御年84才・NW9のスポーツを毎晩楽しみにしてくださっているそうです!)

 

現役時代は4年連続ホームラン王、引退後はコーチとして数々の強打者を育ててきた中西さん。

 

一橋:清宮選手の楽しみな部分は?

中西:ホームラン性の長打を打つことが彼の勝負どころ。その利点を伸ばしてもらいたいね。それを助けるスタッフがいることを期待したいね。それはプロ野球の人の責任。

一橋:安田選手は?

中西:サードも守れるし、レフトでもライトでも打ち込めるし。バッティングの積極性は傑出している。この3人の中でもね。あんなに大きな素質のある選手にはあんまりあったことがない。

一橋:中村選手は?

中西:守りができるし、肩もある。足もある。今、打てるキャッチャーが少ない。彼は資質を持っているから育ててもらいたいね。

 

・・・と、期待の言葉が出てくる出てくる。

今後の日本のプロ野球界を引っ張るような存在になるかもしれない彼らの運命の一日、来週のスポーツでたっぷりお伝えします。

 

もちろん、CS、日本シリーズも!

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:31 | 固定リンク


2017年09月21日 (木)

秋晴れの秋場所   一橋忠之

皆さんこんにちは。

ようやくこの季節らしい爽やかな空気。

過ごしやすい日が続いています。

でも、大相撲秋場所はご存知、荒れてます!

3横綱の休場に始まり、照ノ富士や宇良の欠場も続き、日馬富士も連敗。

一方で、阿武咲や貴景勝など、若い勢いのある力士が場所を盛り上げてくれています。

そのかいもあってか、国技館はここまで毎日満員御礼。

そして、優勝争いも…。

今日の取り組みでまたまたいろいろな可能性が!

ここからどうなるのか?

元大関・栃東の玉ノ井親方にお話を聞いて来ました。

 

20170921_blog_ichihashi.jpg

(いつも鋭い解説をしてくださる同じ年で地元も同じ玉ノ井親方と)

 

詳しくは今夜のニュースウォッチ9で!

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:19:51 | 固定リンク


2017年09月06日 (水)

もうすぐ運動会のちびっこたち!聞いてきたよ。   一橋忠之

 

みなさん、こんにちは。

きのう、久しぶりに京都へ行ってきました。

20170906_blog_ichihashi.jpg

(四条大橋からみた鴨川の風景・・・。個人的な感慨で撮影。)

 

3年前まで京都局に勤務していましたので、懐かしくて思わず撮影してきました。

川原を散歩したり、四条川原町でお買い物したり、本当にいい町ですよね。

でも、僕のノスタルジックな思いのために京都へ行ったのではありません。

今回は、この人に取材に行ってきました。

20170906_blog_ichihashi2.jpg

(インタビューも、撮影も快く応じてくださいました!)

 

そう、ウサイン・ボルトさん!

「ボルト選手」と紹介できないのが残念ですが、先月、現役を引退したばかりのボルトさんが来日して京都でインタビューに応じてくれたんです。

聞きたいことがたくさんあったので、それをご本人にぶつけてきました。

 

一橋:「サッカー選手になりたいって言ってましたけど、どこのポジションやりたいんですか?

ボルトさん:「左サイドさ、左サイドのウイングをやりたいんだ!」

 

と、本気でサッカー転向も視野に入れているボルトさん。

でも、この時期にお話を聞けたということで、全国のちびっ子とそのお父さん、お母さんを代表してこの質問してきました!

 

一橋:「日本ではもうすぐ運動会のシーズンなんですけど、子供たちがどうやったら速く走れるか、コツを教えてください!」

ボルトさん:「ハハハッ。なるほど、それはね・・・。」

 

ということで、 ボルトさんが教えてくれた「速く走るコツ」は、明日のニュースウォッチ9で!

 

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:31 | 固定リンク


2017年07月17日 (月)

海の日   一橋忠之

みなさん、こんにちは。

渋谷の町にはお休みを満喫する楽しそうな家族連れや学生さんたちがいっぱい!

暑いですね~。夏ですね~。もうすぐ夏休みですね~。

夏になるとテンション上がります。

そして、先日、帰宅途中、近所の公園で、夏になって元気なやつを発見!!!

 itti1.jpg

      (闇夜の中でうごめく姿に若干ビビリつつ。比較対象は一橋の右足のつま先。)

 

都内ですし、近くに特段水辺はないと思うのですが・・・。

どこからやってきて、どこへ行くのか・・・。

さて、そんなカエルもテンションが上がる夏。取材にも熱が入ります。

 

先日お邪魔した、サッカーいわきFC。

天皇杯でJ1・コンサドーレ札幌を倒し、まさにジャイアントキリングを成し遂げたチームです。

itti2.jpg

 (いわきFCのマッチョなみなさんと、練習後のお仕事前に・・・ お疲れのところありがとうございました!)

 

サッカーのピラミッドでいうと、下から数えて2つ目の福島県社会人リーグ1部。

J1から数えて上から7つ目のカテゴリー。なのに、J1チームを破りました。

強さの秘密を取材に行ってみました。

 

NHKオンラインから先日のNW9の放送が見られます。

http://www1.nhk.or.jp/sports2/movie/index.html?cate_id=empcup

 

 

とにかく、取材で驚いたのは、2時間、3時間の筋トレ。

普通、つらくてイヤになるレベルの追い込み方をしていました。

なのに、選手の皆さん、時折笑顔!!

やれば強くなれる。そう信じていることがよくわかりました。

 

そしてラグビー選手がサッカーをするように、

大きくて強い選手たちが、激しくボールを奪い合ってゴールする世界観を作りたいというシンプルなビジョン。

 

 

itti3.jpg

        (熱くいわきFCの未来を語ってくれたいわきFCの大倉智さん)

 

2年前。ラグビー日本代表・エディージャパンは、

南アフリカを破り、奇跡と呼ばれるほどの大番狂わせを起こしました。

日本人には無理だといわれたフィジカル勝負でも戦えるだけの

トレーニングを積んだ末につかんだ勝利でした。

 

いわきFCの挑戦も、まずは世界で戦うフィジカルを身につけようとしています。

そこに日本の強みである技術と組織が加われば、どうなるのか?

こうしたアプローチが他のチームにも広がればどうなるのか?

 

今回の天皇杯への挑戦は3回戦でJ1清水エスパルスに破れて終わりました。

でも、彼らが見ているのはもっともっとずっと先でした。

取材すればするほど、これからが楽しみになるチームでした。

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:15:45 | 固定リンク


2017年06月19日 (月)

鋭い目で次の獲物を狙っているストライカー   一橋忠之

 

こんにちは!

スポーツの一橋忠之です。

 

今日はうれしいニュースが入ってきました。

梅雨なのに、今日は一日晴れっ!!!

・・・。

 

洗濯物が乾きます・・・。

 

すみません。

ここからはまじめに。

ゴルフの松山秀樹選手が全米OPで2位に入りました!!!!

これはものすごい価値のあることなんです。

そこについて、詳しくは今夜9時からのNW9の放送でお伝えします。

 

で、今日は先日お伝えしたサッカー日本代表の久保裕也選手のインタビューのこぼれ話を。

 

【相変わらず眼光鋭い久保選手(23)と射すくめられないよう虚勢を張る一橋(40)】

20170619_blog_ichihashi.jpeg

 

ベルギーで大活躍し、日本代表の試合前に帰国した久保選手。

帰国したその日に貴重な時間をいただいてお話を聞きました。

 

一橋)ご無沙汰してます。前回こうやって1対1でインタビューをさせていただいたときのこと

   覚えてますか?

久保)覚えてます、覚えてます。

 

実は今を去ること4年前。久保選手が京都サンガでプレーしていたころのことです。

私も当時、京都局勤務をしており、デビュー当時から取材させてもらっていました。

そして、そんな久保選手がスイスへ移籍すると・・・。

そこで、日本での、京都サンガの久保裕也の最後のインタビューをお願いしました。

 

【当時から眼光鋭い久保選手(19)と当時から射すくめられないよう精一杯笑顔を作る一橋(36)】

20170619_blog_ichihashi2.jpg

 

一橋)言葉とか、大丈夫なんですか?

久保)ダメです。でもいったらなんとかなるとおもいます。

 

という超ポジティブな久保選手。必ずやってくれると信じてこんな言葉をかけました。

 

一橋)次に京都へ戻ってくるときはどんな姿を見せてくれますか?

久保)ヨーロッパで活躍して、日本代表に入って代表の試合でプレーするところを見せられたら理想です。

一橋)期待してます。

久保)自分が一番期待してます。

 

あれから4年。その約束通り、日本代表として帰国した久保選手に、そのことを聞くと・・・。

 

一橋)「次に戻るときは代表でプレーするところを見せられたら」っておっしゃってましたけど、

   覚えてますか?

久保)全く覚えてないです。

一橋)・・・。

 

久保選手、僕の大事な思い出なのに・・・。

いや、照れですよね。そう、きっと恥ずかしくて覚えてないって言っただけに決まってます。

 

さて、そんなジャブから始まったインタビューで、僕はどうしても聞いてみたいことを聞きました。

 

一橋)こうやって海外に渡って、23歳の久保裕也は想像通りですか?

久保)まだ行ってないけど上のリーグに行くって思って海外に出ましたし。

   まだ少しずつしか上がってないですけど、までも右肩上がりではあるのであせらずやっていきたいと思います。

一橋)行き着く先はどういうところなんですか?

久保)いずれビッグリーグのビッグクラブでやりたいと思いますし、

   そこに自分が早く行けるにこしたことはないですけど、あせらずに行きたいですね。

一橋)どういう選手になりたい?

久保)常に結果に絡む選手でありたいですね。

   1試合でればアシストなり結果出す選手になりたいです。

一橋)昔から得点にこだわっていたと思います。久保選手にとってゴールって?

久保)うーん、やっぱゴール決めた次の日は気分いいし、

   なんかこう、うまいもんくうようなかんじですかね。わかんないですけど。

一橋)うまいもんくう?

久保)めっちゃうまいもん食うような感じですかね。幸せな感じですかね。

   まあ別にそれ以外のプレーが下手でも点取れたらそれでいいかなというかんじ。

 

これです。この感じ。

まさしくストライカー。

本能のままにゴールを奪い、それでチームを勝たせる。

本能のままに強い相手を欲する。

 

ボールを受けるとまず最初の選択肢が『ゴールを奪うこと』。そんな風に感じる怖い選手が久保選手なのです。

このインタビューから数日後、久保選手は日本代表として、

シリア戦とイラク戦に先発で出場し、いずれもノーゴールでした。

 

でも、僕は思うのです。

腹をすかせたストライカーは鋭い目で次の獲物を狙っているはずです。

 

今回のインタビュー、久保選手もきっと覚えていてくれると思うので、

次の獲物を捕らえたら、またお話を聞きに行きたいと思います。

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:16:31 | 固定リンク


2017年05月17日 (水)

7大陸の最高峰をすべて踏破、南谷真鈴さん   一橋忠之

こんにちは!

スポーツの一橋忠之です。

風薫る季節。新緑の公園を歩くと気分が盛り上がりますね。

一方、個人的には新年度が始まって、これまで(サンデー・サタデースポーツのために)土日に向かって仕事をしてきた生活から平日中心の生活に変わり、リズムが作れてきたような、作れてこないような・・・。

なにせスポーツアナウンサーとなって以来、土日はほとんどどこかしらのスタジアムや体育館に行く生活だったので、土日に休むとなると落ち着かなくて困っています。

さらにぽかぽかの日差しの中、春はあけぼのならぬ、初夏もあさは布団の中でいつまでもぬくぬく二度寝が、寒くもなく、暑くも無く・・・。

そんな怠けた気持ちが出てくる今日このごろをバシッとたたきなおしてくれたのが、先月インタビューさせていただいた二十歳の南谷真鈴(みなみや)さんです。

20170517_blog_ichihashi.jpg

世界最高峰のエベレスト登頂を日本人最年少となる19歳で果たすなど、7大陸の最高峰をすべて踏破。

さらに南極と北極を制し「エクスプローラーズグランドスラム」という冒険家にとってもとんでもないことを世界最年少でやってのけたのです。

そんな彼女のお話は心に刺さる!

なぜこんなすごいことを成し遂げられたのか、あきらめたくならなかったのか聞いたところ

「一橋さんはあきらめて後悔していることはあるんですか?」と逆質問!

おはずかしながら自分のサッカーでの挫折の経験談をお話しすると。

「サッカーを愛していれば続けるべきですよ。だって自分が本当に好きなこと、自分が本当に情熱のあること、熱意のあることをしていると元気がでるじゃないですか!」

おっしゃるとおりです。

サッカーを選手としてはあきらめてしまった私ですが、サッカーにかかわる仕事、スポーツにかかわることはあきらめてません。

だから南谷さん許してください・・・。

叱咤激励を思い出し、ヌクヌクの布団を跳ね除けて、今日も元気にスポーツをお伝えします!

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:16:19 | 固定リンク


2017年04月17日 (月)

スポーツ担当 一橋忠之です!

こんにちは!

この春からNW9のスポーツを担当しています、一橋忠之と申します。

改めましてよろしくお願いいたします。

 

さて、もう皆さん、おなじみ?!ですよね!

月曜日といえば「MONDAY GOAL」です。

ただいま、絶賛制作中です。

 

20170417_blog_ichihashi.JPG

 

平日はサッカーの試合も少なく、これまではNW9でもあまりお伝えできませんでした。

しかし、何せ来年にはもうワールドカップロシア大会です。

日本代表の活躍はもちろん、世界のスーパースターのプレー&横顔???を見たい!というサッカー好きのスタッフが集結して始まりました。

 

スペイン、ドイツ、イタリア、イングランドという4つのヨーロッパのリーグを中心に毎週40試合分くらいの中からゴールを選んでいます。

「うおー!」「すっげぇぇぇぇ!」と悶絶、絶叫。

正直、選びきれないくらいのスーパープレーだらけ!

今日はどんなゴールが見られるか?

お楽しみに!!!

 

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:15:43 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2017年10月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top