一橋忠之

2018年09月11日 (火)

最後の1失点と、「1%の後悔」と...   一橋忠之

あの日、ロシアのピッチで見た出来事を、何度も思い返しています。

サッカーワールドカップロシア大会。
7月2日 ロストフアリーナ、決勝トーナメント1回戦 日本vsベルギー。
2-0リードから2-2同点に追いつかれて、アディショナルタイム。

「やられるっ!」デブルイネ選手の高速ドリブルから日本の左サイドにボールが入ったとき、中は数的不利になっていました。

長友選手が引っ張りだされ、長谷部選手が戻りながらルカク選手につく。
そのルカク選手がスルーしたボールは、長谷部選手が伸ばした足先をかすめてファーサイドのシャドリ選手へ……。

そして、歓声と悲鳴。

「これが世界との差かっ」記者席にいた自分の口から、思わずこぼれた一言です。

日本2-3ベルギー。こみ上げてくる寂しさ、悔しさ。いまでもその時の気持ちがよみがえります。

世界ランク3位のベルギーを相手に、原口選手と乾選手のゴールで2点リード。
ゲーム後半の序盤までは、次の夢を思い描くのに十分な状況でした。しかし、そのおよそ30分後に、逆転され、ワールドカップ敗退。

スポーツに「タラレバ」はありませんが、それでもなお、勝つことができたとしたらどんな方法があったのか、考えずにはいられませんでした。

キャプテンの長谷部誠選手は、失点するまではベルギーチームは上手く機能してないと感じていた。しかし失点後は今まで感じたことのないぐらいの圧力を感じた、と話し、自分たちの甘さ、経験のなさのようなものも痛感した、とも話していました。

ワールドカップ3度目の出場となる今大会を終え、日本代表を引退すると表明した長谷部選手。

ロシアから帰国したときの記者会見で語られた「99%の満足感と1%の後悔がある」。

その1%をどう次につなげていくのか、僕たちの日本代表の姿をこれからも見続けていきたいと思います。

20180821_blog_itihashi3.jpg
(帰国後、胸がいっぱいの一橋アナ)

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:10 | 固定リンク


2018年05月25日 (金)

世界の入り口   一橋忠之

 

みなさんこんにちは。

イニエスタ。

本当に来るんですね。

 

ずいぶん前からうわさはありました。

まあまあ前から報道されてました。

ちょっと前からニュースにもなっていました。

信じたい。

けど、まさか・・・。

自分でもニュースを読んだのに・・・。

まだ信じられない・・・。

そんな気持ちのまま会見場へ行くと・・・。

本当に来ました。

イニエスタ。

 

20180525_blog_ichihashi.JPG

(ほんものだぁ~)

 

いまさらイニエスタのすごさを語るつもりはありません。

でも、イニエスタが日本でプレーする。

そう聞いただけで夢はどんどん広がります。

だって、昨日の会見では「チーム力の向上だけでなく、ユース年代のアカデミーへのメソッド導入にも期待している」というチームの話も出ました。

 

バルセロナのカンテラ(下部組織)出身のまさにバンディエラ。

ユース年代の選手がどんな練習、どんな生活の中で育っていくのか?

原則非公開というバルセロナの育成術のどこか少しだけでも日本のサッカーに組み込むことができればそれは大きな価値がありますよね。

 

さらに、イニエスタが日本で充実した日々を送り、現役生活の中でも良い時間をすごせたとしたら、バルサの同僚やスペイン代表クラス、あるいはヨーロッパ各地のイニエスタをリスペクトするようなプレーヤーたちが、移籍先の候補に日本を挙げてくれるかも知れない!

そしたら、あの選手やあの代表が・・・。

 

イニエスタのJ加入。

世界につながる「どこでもドア」が、神戸にやってくる!

 

ああぁぁぁ、妄想がとまりません。

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:20 | 固定リンク


2018年04月20日 (金)

天気がいい日は・・・   一橋忠之

みなさんこんにちは。

ここ最近の寒さから一転、この日はとってもいい天気!

こんな日は海でしょ。海!

Marine!

ということで、千葉ロッテマリーンズの取材に行ってきました。

 

開幕戦からスタメンに名を連ねる期待のルーキー、藤岡裕大選手。

俊足、強肩ショート、バッティングも、選球眼もいい。

その上、初めてお会いしたらイケメン!

天は藤岡選手にいくつお与えになったのでしょうか・・・。

 

プレーのことはもちろん、せっかくなのでいろいろ聞いてみると・・・。

一橋)チャームポイントは?

藤岡)えー・・・。小顔?

 

と、はにかみながら、確かに小さなお顔で話してくれました。

 20180420_ichihashi_001.JPG

(藤岡選手と、並ぶにあたり遠近法を使おうかと姑息なことを考える一橋)

 

そんな冗談だけでなく、ルーキーらしからぬ確かな存在感を見せる藤岡選手にたっぷりお話を伺いました。

しかも!

今季から指揮を執るこの人にも・・・。

20180420_ichihashi_002.JPG

(井口監督と、おそるおそる隣に収まってみた一橋)

 

プロ野球の日本一もワールドシリーズチャンピオンも経験しているあの井口資仁監督にも藤岡選手の魅力を直撃しました。

詳しくは近日放送予定。

いつ放送になるのか???

毎日見逃せませんよ(笑)

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:27 | 固定リンク


2018年03月23日 (金)

足のサイズはなんと34センチ   一橋忠之

皆さんこんにちは!

鼻つまってますかぁ?

僕はつまりにつまっています。

 

春なのに、春だから。

桜が満開なのに、桜が満開だから。

 

センバツも開幕し、まもなく、プロ野球も開幕。

花粉の春はスポーツの春。

黄色い、目に見えない粉なんかに負けず、ピョンチャンから続くスポーツの熱を2020まで冷ますことなく日々お伝えします!

 

ということで、先日早速、東京オリンピックにも期待がかかる柔道重量級の斉藤立選手のインタビューをお伝えしました。

20180321_net_photo_1.JPG

(高校1年生、まだ16歳の斉藤立選手とだいぶ昔に高校生だった41歳の一橋)

 

190センチ。155キロ。巨大な手のひら、足のサイズはなんと34センチ!!

 

一橋)34?そんな靴売ってますか?

斉藤)お母さんが海外から輸入してます。

一橋)規格外とはこのことですねぇ~。

斉藤)いやいや、まだまだです。

 

と、斉藤選手。20歳になったらどれだけ大きくなってしまうのか・・・。

とにかく楽しみな16歳です。

 

ロサンゼルス、ソウルとオリンピック2大会連続金メダルの故・斉藤仁さんを父に持つ斉藤選手。

幼いころから父の得意技「体落とし」を文字通り叩き込まれ、その技で先日の全国高校選手権、団体戦優勝を果たしました。

 

一橋)斉藤選手はいまどんな未来像を描いてますか?

斉藤)今年の目標は出る試合はしっかり勝つ。

   来年中にこの階級で一番強くなって東京オリンピックに出て金メダルです。

           自分のためというよりお父さんとかお母さんとか、色んな応援してくれた人のために獲りたいです。

 

大きな夢を、みんなのために叶えたいと、少しはにかみながら答えてくれた斉藤立選手。

また是非取材にお邪魔したいと思います!

20180323_blog_ichihashi.JPG

 

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:48 | 固定リンク


2018年02月22日 (木)

女子フィギュア フリーへの展望   一橋忠之

宮原知子 選手、坂本花織選手ともに自己ベストを更新した女子フィギュアショートプログラム!

昨日はその振り返りとフリーへの展望を、解説の八木沼純子さんとお伝えしました。

放送前、ご自身が解説を担当された中継VTRを見ながら「興奮しちゃって、アナウンサーさんと何度も声がかぶっちゃったんです」とおっしゃっていました。

それくらい、両選手の演技が素晴らしかったということですね!

宮原選手、坂本選手のメダル獲得へ、フリーで大事になるポイントを書いて頂くと…

20180222_blog_ichihashi2.JPG20180222_blog_ichihashi.JPG

「たくさん要望を書いてしまいましたが、間違いなく二人ともそれができる選手です!」と力強いお言葉も。

フリー、期待しましょう!

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:34 | 固定リンク


2018年01月25日 (木)

玉ノ井親方インタビュー   一橋忠之

一橋忠之 です!

終盤戦を迎えた大相撲。

一敗で並ぶ横綱・鶴竜と、 平幕・栃ノ心 。このあとどうなる?!

玉ノ井親方にがっぷり四つで?聞いて来ました!

20180125_blog_ichihashi.JPG

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:19:39 | 固定リンク


2017年11月16日 (木)

一気に・・・。   一橋忠之

朝晩の寒さが厳しくなってきましたね。

渋谷の町はもうイルミネーションが輝く季節になりました。

20171116_blog_ichihashi.jpg

いち早くお届け!

 

 

20171116_blog_ichihashi2.jpg

毎日通る代々木公園のケヤキ。

 

 

日中の色づいた景色もいいですが、冷たく澄んだ冬の空気の中のイルミネーションって、寒いのに、あったかい感じがしますよね。

 

そして、あったかいどころか、熱いくらいなのが平昌オリンピックに向けた選手たちの戦いです。

 

先日、フィギュアスケートのNHK杯に行ってきました。

 

羽生結弦選手がまさかの怪我で欠場。

驚きましたし、残念でしたが、アスリートにはこういうことも必ずあります。

今はとにかく、一日も早く元気な羽生選手の姿が見られることを願っています。

 

一方の女子はご存知のように怪我から復帰した宮原知子選手が11ヶ月ぶりの実戦。

全日本選手権3連覇している宮原選手にとって、5位という結果は一見物足りないようにも思うかも知れません。

でも、股関節の疲労骨折で、全くリンクに上がれない時期があり、その後もジャンプの練習は大会直前も本来の2割程度しかできなかったといいます。

その中でフリーの3回転3回転を含め、あれだけの演技ができたことはすばらしかったと思います。

先日番組でもご紹介しましたが、僕は宮原選手が中学生のころから取材をさせていただいてきました。

本当にまじめで、練習熱心。

当時同じリンクで練習していた高橋大輔さんや織田信成さんも「あんなに練習できない」と驚くほどの練習量で積み上げてきた選手です。

怪我も少なく、リンクに上がれなかったのは今回が初めてでした。

練習ができない時間、どれほど心を乱されたかについて本人は多くは語りません。

それでも4年前ソチオリンピックの代表を逃し、次こそという思いでいた平昌オリンピックを前に練習さえできない。

穏やかではなかったと思います。

でも、宮原選手は元気にリンクに戻ってきました。

そして、このシーズンの目標に「初志貫徹」という言葉をあげてくれました。

 

20171116_blog_ichihashi3.jpg

 

4年前、まだ14歳だった宮原選手に当時の目標を聞くと「オリンピックで思い切って滑って悔いの無いように滑りきるというのを目標にしたいです。」と答えてくれました。

一途に思い続けてきた宮原選手が今、目標を「初志貫徹」というのを聞いてなんだかうれしくなりました。

女子の代表争いは熾烈です。

そのなかでスケートの神様が誰に微笑むのか?

しっかり見つめたいと思います。

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:13:43 | 固定リンク


2017年10月19日 (木)

雨だし、寒いし・・・。   一橋忠之

 

みなさん、こんにちは。

洗濯物たまってますか?

うちはたまってます。

寒くなったから夏物をしまいたいけど、洗濯できてません。

たまってます。

 

洗濯物といえば・・・。

セリーグCSファーストステージ第2戦。

阪神とDeNAの試合は壮絶な「泥試合」。

内容ではなく、文字通り、雨でずぶぬれ、泥だらけの試合でした。

チーム関係者の方はお洗濯大変ですよね。

甲子園に見に行っていたお客さんも、試合が見られて良かったですけど、寒かったでしょう。

ただ、この雨が明暗を分けました。

CSではレギュラーシーズン上位のチームにアドバンテージがあります。

ファーストステージでは、全て試合ができなかった場合、あるいは1勝1敗の場合は2位のチーム・つまり今回のセリーグでは阪神が勝ち上がることができました。

しかも、初戦を勝利したのは阪神。

そう。無理に第2戦をやらなくても、阪神は勝ちあがれたのです。

結果は皆さんご存知の通り。

そして、ファイナルステージでも、セリーグの第1戦はCS史上初の降雨コールド。

お天気ばかりはどうしようもないものですけど、このお天気・・・。気になりますね。

 

そして、気になるのがもうひとつ。

来週行われるプロ野球のドラフト会議です。

早稲田実業の清宮幸太郎選手をはじめ、広陵の中村選手、履正社の安田選手など、規格外の高校生スラッガーがどこのチームに行くのか?楽しみですよね。

楽しみすぎて、先日、元祖・怪物球児といわれた中西太さんにお話を聞いてきました。

20171019_blog_ichihashi.jpg

(御年84才・NW9のスポーツを毎晩楽しみにしてくださっているそうです!)

 

現役時代は4年連続ホームラン王、引退後はコーチとして数々の強打者を育ててきた中西さん。

 

一橋:清宮選手の楽しみな部分は?

中西:ホームラン性の長打を打つことが彼の勝負どころ。その利点を伸ばしてもらいたいね。それを助けるスタッフがいることを期待したいね。それはプロ野球の人の責任。

一橋:安田選手は?

中西:サードも守れるし、レフトでもライトでも打ち込めるし。バッティングの積極性は傑出している。この3人の中でもね。あんなに大きな素質のある選手にはあんまりあったことがない。

一橋:中村選手は?

中西:守りができるし、肩もある。足もある。今、打てるキャッチャーが少ない。彼は資質を持っているから育ててもらいたいね。

 

・・・と、期待の言葉が出てくる出てくる。

今後の日本のプロ野球界を引っ張るような存在になるかもしれない彼らの運命の一日、来週のスポーツでたっぷりお伝えします。

 

もちろん、CS、日本シリーズも!

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:31 | 固定リンク


2017年09月21日 (木)

秋晴れの秋場所   一橋忠之

皆さんこんにちは。

ようやくこの季節らしい爽やかな空気。

過ごしやすい日が続いています。

でも、大相撲秋場所はご存知、荒れてます!

3横綱の休場に始まり、照ノ富士や宇良の欠場も続き、日馬富士も連敗。

一方で、阿武咲や貴景勝など、若い勢いのある力士が場所を盛り上げてくれています。

そのかいもあってか、国技館はここまで毎日満員御礼。

そして、優勝争いも…。

今日の取り組みでまたまたいろいろな可能性が!

ここからどうなるのか?

元大関・栃東の玉ノ井親方にお話を聞いて来ました。

 

20170921_blog_ichihashi.jpg

(いつも鋭い解説をしてくださる同じ年で地元も同じ玉ノ井親方と)

 

詳しくは今夜のニュースウォッチ9で!

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:19:51 | 固定リンク


2017年09月06日 (水)

もうすぐ運動会のちびっこたち!聞いてきたよ。   一橋忠之

 

みなさん、こんにちは。

きのう、久しぶりに京都へ行ってきました。

20170906_blog_ichihashi.jpg

(四条大橋からみた鴨川の風景・・・。個人的な感慨で撮影。)

 

3年前まで京都局に勤務していましたので、懐かしくて思わず撮影してきました。

川原を散歩したり、四条川原町でお買い物したり、本当にいい町ですよね。

でも、僕のノスタルジックな思いのために京都へ行ったのではありません。

今回は、この人に取材に行ってきました。

20170906_blog_ichihashi2.jpg

(インタビューも、撮影も快く応じてくださいました!)

 

そう、ウサイン・ボルトさん!

「ボルト選手」と紹介できないのが残念ですが、先月、現役を引退したばかりのボルトさんが来日して京都でインタビューに応じてくれたんです。

聞きたいことがたくさんあったので、それをご本人にぶつけてきました。

 

一橋:「サッカー選手になりたいって言ってましたけど、どこのポジションやりたいんですか?

ボルトさん:「左サイドさ、左サイドのウイングをやりたいんだ!」

 

と、本気でサッカー転向も視野に入れているボルトさん。

でも、この時期にお話を聞けたということで、全国のちびっ子とそのお父さん、お母さんを代表してこの質問してきました!

 

一橋:「日本ではもうすぐ運動会のシーズンなんですけど、子供たちがどうやったら速く走れるか、コツを教えてください!」

ボルトさん:「ハハハッ。なるほど、それはね・・・。」

 

ということで、 ボルトさんが教えてくれた「速く走るコツ」は、明日のニュースウォッチ9で!

 

 

投稿者:一橋忠之 | 投稿時間:17:31 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

バックナンバー


RSS

page top