2018年07月27日 (金)

大量の土砂が残されたまま   今井翔馬

 

西日本豪雨で大きな被害を受けた、広島県呉市安浦町の中畑地区です。

20180727_blog_imai1.JPG

きょうも大量の土砂が残されています。

 

台風12号に備えて、土砂の間には水の通り道が作られていました。

20180727_blog_imai2.JPG

大雨で水が流れることで土砂が崩れるのを防ぐためです。

 

地区の自治会長の中村正美さんは、「雨が少しでも降ったらすぐに逃げる」と話されていました。

20180727_blog_imai3.JPG

雨による被災から3週間、たくさんの人に助けてもらい中村さんの家と倉庫は土砂の片づけが済んだそうです。

泥水に浸かった農機具なども一生懸命磨いて油をさしていました。

20180727_blog_imai4.JPG

中村さんの田んぼはまだまだ農作業ができる状況ではありません。

「自分は農家だから」と農機具を手入れする姿を見て、「逆境には絶対に負けない」という強い気持ちを感じました。

 

投稿者:今井翔馬 | 投稿時間:18:19


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2018年07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

バックナンバー


RSS

page top