2016年4月

2016年04月27日 (水)

熊本地震 自宅に帰れないということ   記者 牧原史英

 最初の震度7の地震から5日目の4月19日に熊本に入りました。
 熊本は私の初任地であり、大切な友人や取材でお世話になった方々が数多く住んでいます。
熊本に入る前に、熊本市内に住むある友人と話をしました。「家族は熊本市外に避難させたよ。自宅に居る時にまた地震が来て、もしものことがあったら後悔するから」。いつもは明るい友人の暗い声色に、事態の深刻さを改めて感じました。
 一連の地震は、普段、一番安心できるはずの「自宅」という場所の意味を変えたのだと感じます。「また大きな地震が来たらと思うと…」。その恐怖から、車中泊やテント泊、農業用ハウス泊などを余儀なくされる人たちに出会いました。この恐怖は、たとえ仮設住宅に入っても、賃貸住宅に入っても、すぐにぬぐえるものではないと思います。
 そんななかでも、日々の暮らしのために、仕事や学校などに向き合わなければなりません。すいかの収穫がピークを迎えていた農家は、住めなくなった自宅の庭にテントを張り、朝早くから農作業をしていました。心身を休める拠点がないまま、過ごす日々。その大変さはいかばかりかと思います。
 一刻も早い地震の終息を願います。そして、冒頭で紹介した友人とまた話をして、何が助けになるのか、じっくり聞こうと思っています。

nw920160427_1_1.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:22:28 | カテゴリ:番組スタッフ | 固定リンク


2016年04月22日 (金)

「熊本地震を取材して」  記者 溝下貴洋

記者の溝下です。ニュースウオッチ9の取材クルーとして熊本地震を取材しました。
私たちは地震発生翌日の15日に取材に入り、熊本県益城町を中心に取材をしました。
熊本は私の前任地であり出身地でもあります。
現地に入ってみると、被害は私たちの想像を大きく超えたものでした。かつて取材で訪れたことがある場所…思い出の場所…どこも大きく変わってしまっていました。
大きな被害を受けて大変な中にもかかわらず、現地では本当に多くの方々に取材に応じていただきました。私たちも取材に応じていただいた方々の思いを少しでも多くの人たちにお伝えできればという思いで、懸命に取材を続けました。
今回の地震を取材して感じたのは、何かが起きると私たちの暮らしは一瞬にして成り立たなくなるということです。コンビニが24時間開いていて食べ物や飲み物がすぐに手に入ること、蛇口をひねればきれいな水が出てくること…私たちが日々、特に意識もせずに過ごしている"ふつうの暮らし"が、いかにもろいものなのか痛感しました。
地震はいつ、どこで起きるか予測できません。だからこそ、私たち1人1人の災害への「日々の備え」が重要だと感じます。水や食料の備蓄は十分か、家具の固定はしてあるか。みなさんも災害への備えを改めて見直していただければと思います。
5日間の現地取材を終え、私はいま、東京のニュースセンターで日々のニュース制作にあたっています。故郷が大きな苦難に直面するなか、現地で感じたことを胸に、被災した人たちにとって少しでも役に立つ放送をお届けしていきたいと思っています。

nw920160422_1_1.jpg

 

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:18:45 | カテゴリ:番組スタッフ | 固定リンク


2016年04月22日 (金)

「容赦ない揺れに...」 リポーター 三條雅幸

移動中、携帯電話に届いたニュース速報。
画面に表示されていたのは「震度7」。目を疑いました。
一瞬、何かの誤作動かとの祈りのような思いもよぎりましたが、
NHKに向かう道すがら次々に入ってくる情報が、それはまぎれもない現実だということを突き付けてきました。

熊本県などで起きた一連の地震を受けて15日に現地入りし、19日まで熊本県内で取材を担当しました。
そこで目の当たりにしたのは、自然が持つ無情な顔。日ごろ我々に安らぎをもたらしてくれる一方で、襲い掛かってくる時は一つの容赦もない。そんな極端とも言える二つの顔に戸惑いと恐怖を覚えました。

14日夜の揺れのあと、被害に追い打ちをかけるかのように発生した16日未明の本震。
宿泊先の部屋で休んでいた私も、大きな揺れに見舞われました。座っていても体が振り子のように振られ、机の下などに逃げようにも、思うように動けないほどの横揺れでした。その後も大きな余震が続く中で部屋に戻るのは怖く、屋外の駐車場で一夜を過ごしました。

夜が明けると、被害は一気に拡大していました。最初の揺れには持ちこたえていた建物も、本震の後に倒壊しているところが目立ちました。避難する人も急増。ライフラインは停止し、コンビニエンスストアには食料や水を買い求める人で長蛇の列。
広い駐車場にテントを張って過ごしているご家族に会いました。ご主人が発したのが「夜になるのが怖い」という言葉。相次ぐ余震の中で、いつまた大きな揺れが来るか。最初の揺れも、本震も、発生は夜でした。「夜になるとビクビクしています」と話すご主人は、寝不足からか目が赤く、表情には疲労がにじんでいるように見えました。昼間は一見元気に過ごしているように見える子どもたちも、夜、余震が来るたびに親の腕をギュッとつかむそうです。

最初の地震の後、住民の中には「余震が収まれば家の片づけを始めるよ」と気丈に振る舞っている方もいました。そこに再び襲った、被害を広げる大きな地震。こんな不条理な話があっていいのだろうか。被害を受けた方々に何ができるだろうか。

投稿者:三條雅幸 | 投稿時間:12:51 | カテゴリ:三條雅幸 | 固定リンク


2016年04月15日 (金)

天気予報は、予想をして終わりではありません

朝起きると、まず空を見上げます。

 

晴れているか、雨が降っているかだけではなく、雲の量なども含めて前日に予想した空のイメージが正しかったのかを確認するためです。

 

去年のデータを見ると、気象庁が発表した東京の夕方予報で翌日に雨が降るかどうかは、87パーセントの確率で当たっています。適中率はどんどん向上していますが、コンピュータの予想には外れやすい気圧配置もあります。そのことを知った上で予報をどのように伝えるか、気象キャスターの力量が問われるところです。

 

また、気象キャスターの役割は天気予報を当てるだけではありません。

天気予報は天気図などから「原因」を読み取り、天気や気温などの「結果」を導き出します。それが視聴者の「行動」に繋がって、初めて完結するものだと思っています。

 

信頼される気象キャスターになるために、様々なチャレンジを続けます。

nw920160414_2_1.jpg

投稿者:斉田季実治 | 投稿時間:23:07 | カテゴリ:斉田季実治 | 固定リンク


2016年04月15日 (金)

『愛ちゃん』が目指すもの

「大丈夫ですか?座る場所、ありますか?」

 

緊張感ただよう卓球場。

声をかけてくれたのは、福原愛選手です。

 

自身4回目となるリオオリンピック出場に向け、どんな思いで準備をしているのか。

私たちは、練習の邪魔にならないよう、少し離れた壁際に立っていました。

 

コーチと流ちょうな中国語で打ち合わせをし、さあ始まる、ラケットを構えたその時。

「あっ」という表情で、慌てて走ってきてくれたのです。

 

2歳から卓球を始めた福原選手は27歳、競技生活は四半世紀に及びます。

経験、代表キャプテンという立場、どちらをとっても日本の卓球を引っ張る存在。

それにも関わらず、立ち居振る舞いの全てに“周囲への気遣い”があふれていました。

 

究極はメダル観。

福原選手、オリンピック、世界選手権とも、シングルスでのメダルがありません。

強いこだわりが、あるのでは…?

 

「メダルそのものには全くときめかないんです。

 周りの人の首にかけてあげたとき、すごく喜んでくれる。そのためにとりたいんです。」

 

アスリートにとって何物にも代えがたいもののはずが、

「喜んでもらうためのアイテム」と言い切った福原選手。

メダルの先にある、支えてくれる人たちの笑顔こそ、本当に目指すものだったのです。

 

 

今年に入ってから、なかなか思うような成績を残せていません。

「リオに向け、課題を見つけるのに必要なこと」、そして「自分に勝つ」と話した表情は、

『愛ちゃん』のそれではなく、

厳しい覚悟をたたえた、凛とした大人の女性のものでした。

投稿者:佐々木彩 | 投稿時間:22:10 | カテゴリ:佐々木彩 | 固定リンク


2016年04月11日 (月)

「春」です。よろしくお願いします。

いつもニュースウオッチ9をご覧いただきありがとうございます。

気象情報に出演しています「春」です。

「春ちゃん」と呼ばれています。

 

4月より、番組ブログでも春ちゃんページを番組のみなさんが作ってくださいました!!!

うれしい・・・うれしすぎます(涙)

ありがとうございます。

 

ブログでも気象や季節の情報、そして裏話!?などお伝えしたいと思っています。

 

番組は、3月28日より斉田季実治さんが気象情報を担当しています。

斉田季実治(きみはる)さん、春ちゃんでコンビ「ハルハル」結成です。

そして新コーナー「教えて!斉田さん」もスタート。

気象を身近に感じてもらえるきっかけになればと思っております。

あんなことも!こんなことも!今さら人に聞けない!とか、すごく難しい!ことも

やさしい斉田さんが教えてくれると思いますので、聞いちゃいましょう!

あっ気象のことですからね!

 

ツイッターで気象の疑問を募集しています。

#haruharu_tenki」をつけてお寄せください。

 

そして、春ちゃんツイッター!みなさんフォローしてくださり

ありがとうございます。

 

えっ!?春ちゃんツイッターしているの?という、そこの方!

私ツイッター6年目です。

気象のことをつぶやいていますので、ぜひフォローしてください。

@nhk_haruchan (NHKサイトを離れます)

 

そうそう、こちらのブログページでは

斉田さんに突撃インタビューもしたいなと密かに思っています。

ここで言ってしまったら密かでもありませんが・・・

斉田さんが嫌でなければ・・・

無事にインタビューできましたら、こちらに掲載します。

 

では!ブログでも、よろしくお願いいたします。

haruchan20160411_1_1.jpg

今回のブログ内容と関係ありませんが、
非常用品をチェックしている私。

投稿者:春ちゃん | 投稿時間:22:37 | カテゴリ:春ちゃん | 固定リンク


2016年04月08日 (金)

初めまして 海彦です

はじめまして!今年度からニュースウォッチ9のリポーターを担当している伊藤海彦(うみひこ)です。

海彦という名前だからか、初めて会う人から「山彦さんという兄弟がいるのですか?」と聞かれます。

私は必ず「山彦はいませんけど、夏彦という弟はいます」と答えます。(本当にいます)

 

さて、ニュースウォッチ9のリポーターを担当することになったと同時に、日々いろんな現場を駆け回り、

あっという間に月日がたっていくことを実感しています。

時には心が痛む現場、また時には心温まる現場など様々ですが、

その現場の空気感も含めて、事実をしっかりと伝えていきたいと思っています。

また、町の人たちの声を一人でも多く聞いて、「このリポーターが出てくると、

私たちの思いがしっかり伝わる」と言ってもらえるようなリポーターを目指します!

全国各地に住んでいる皆さんのもとに取材に行きます!

どうぞ、よろしくお願いします。

PIC_0001.jpg

投稿者:伊藤海彦 | 投稿時間:20:00 | カテゴリ:伊藤海彦 | 固定リンク


2016年04月01日 (金)

新年度スタート!

ニュースウオッチ9は、3月28日から”新年度"が始まり、最初の1週間が過ぎました。いかがでしたか?

まず、新しいメンバーが加わりました。

nw9_20160401_1_1.jpg

新しいリポーターは、伊藤海彦アナウンサー(写真右下)。やる気満々です。さっそく女子中学生誘拐事件で、容疑者が住んでいたアパート周辺の取材など、現場に飛び出しています。

気象キャスターは、斉田季実治さん(写真左上)に代わりました。すでに春ちゃんが紹介してくれたようですが、すごく味のある(?)気象予報士です。2人は、近くこのブログにも登場します。

画面には出ませんが、ナレーションを担当する2人も交代しました。小見誠広アナウンサーと墨屋那津子さん(元NHKアナウンサー)です。変幻自在の声を駆使して、どんなニュースも聞きやすく伝えてくれます。

スタジオのセットも少し変わりしました。鈴木キャスターが先週予告した通り、赤を基調にした優しい色合いの落ち着いた雰囲気になりました。なかでも注目は、こちら。

nw9_20160401_1_2.jpg

縦2メートル55センチ、横7メートル40センチの特大ラウンドモニターです。さっそく毎日、大きなモニター画面に映像や文字を映し出して解説に活用しています。とにかく大きくて、文字が見やすく、映像もインパクトがあるので、効果は絶大です。慣れない私もフロアーディレクターの指示するままに、特大モニターの正面に立ったり、横に移動したりして奮闘しています。

新生ニュースウオッチ9は、チームワークを生かして、これからも進化を続けます。応援をよろしくお願いします!

 

 

投稿者:河野憲治 | 投稿時間:22:00 | カテゴリ:河野憲治 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2016年04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

バックナンバー


RSS

page top