2016年9月

2016年09月26日 (月)

クリントンVSトランプ、まもなく直接対決へ! 河野憲治

接戦が続くアメリカ大統領選挙。
最終盤の流れを大きく左右するのが、テレビ討論会です。
民主党クリントン氏と、共和党トランプ氏が、
初めて直接ぶつかり合うのです。

発言内容のみならず、ちょっとした仕草や表情までが
致命的なイメージダウンにつながりかねない真剣勝負の場です。

20160926a.jpg

アメリカの主要ネットワークが、夜9時からのゴールデンタイムに
いつもの人気番組をやめて、横並びで同じテレビ討論会を生中継します。
CMも入れません。
視聴者数は過去最高になる見通しで、
国民的スポーツ行事、アメリカンフットボールの王座決定戦「スーパーボウル」に
匹敵するほどの関心の高さとも伝えられています。

テレビ討論会は、日本時間のあす午前10時からです。

きょうは、テレビ討論会を期待する有権者の気持ちや両陣営の戦略などもまじえながら、
ニューヨーク州ロングアイランドにある会場の前から中継でお伝えします。

20160926b.jpg

 

投稿者:河野憲治 | 投稿時間:18:31 | カテゴリ: | 固定リンク


2016年09月23日 (金)

天橋立に来ています 田中泉

リポーターの田中泉です。
連日曇りや雨の東京を飛び出してやってきたのは、
日本三景の一つ、京都は天橋立!

20160923.jpg
こちらは雲もありますが景色も最高!!
気持ち良いです~。
さて、この景色をあの「有名なポーズ」で見ると…??

20160923-1.jpg

どう見えるのか、

続きは今夜のニュースウオッチ9で!

投稿者:田中泉 | 投稿時間:18:00 | カテゴリ:田中泉 | 固定リンク


2016年09月16日 (金)

リポーター代行の松苗です!

山口局の松苗竜太郎(まつなえ・りゅうたろう)です。
9月後半の2週間、ニュースウォッチ9のリポーターを
三條アナウンサーの代行として務めています。

ことしで入局5年目。
普段は「情報維新!やまぐち」という
平日夕方の番組のキャスターを担当しています。
山と海に囲まれた、自然豊かでのどかな山口県から一転。
今週は兵庫県尼崎市に日帰りで行ったり、
都内で街の皆さんの意見を聞いたりしました。
全国ニュースの現場ならではの緊張感やスピード感に、
なんとかかじりついて頑張っています。
どうぞよろしくお願いします。

20160916.jpg

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:13:40 | カテゴリ:番組スタッフ | 固定リンク


2016年09月16日 (金)

"できるしこ"がんばろう ディレクター 白瀧愛芽

一連の熊本地震から14日で5カ月となりました。

 私は、鈴木キャスターと共に、地震から2週間後に現地へ入り、赤ちゃんや小さいお子さん連れのお母さんたちが、子どもたちを必死で守ろうと、自分自身も傷ついていることや疲れていることに気がつかずに無理をして過ごし、いつしかいっぱいいっぱいになっていることを知りました。

そのときの取材で、会えなかったお母さんたちがいます。震度7の地震に2度見舞われた益城町の方々です。

地震で町の住まいの約97%が被害を受け、今でも夜間の車中泊や避難所生活を余儀なくされている方たちが多い地域です。当時はこうした地域のお母さんたちにほとんどお話を伺えないままで、ずっと気になっていました。

そしてようやく今回、益城町で開かれた母子のためのイベントの中で、お話を伺うことができました。

 

01.jpg

  (14日に益城町の一角で開かれた母子のためのイベント)

 

益城町の自宅は全壊、実家もすぐそばにあり、16日の本震をそこで経験したというお母さん。

現在は、町内のアパートの一室を、みなし仮設として部屋を借りて家族で暮らしています。

お母さんは、3歳の娘さんが、地震後、そばを離れられなくなり、新しく入居したアパートで“どうしてこのおうちはつぶれないの?”と聞いてくるようになったと話してくださいました。

また、気分転換しようと思っても、遊び場がほとんどない現状についても語ってくださいました。

町の児童館は、いまようやく来月中の再開をめざして備品などの整備を進めているところです。

公園も、周囲に崩れそうな建物があったりするため連れて行くのは難しく、日中は、家で母と子どもだけになってしまう時間も少なくないと言います。

“こどもが笑顔だと自分も元気になれる、逆もそうです”と話すお母さん。子どもたちが安心して思い切り遊べる場が、早く元通りになることを願っていました。

 

また、お母さんたちが集まる場に子どもと初めて足を運んだというお母さん。

他の親子と共に、体を動かしたり話をしたりすることで“久しぶりにこんなに笑った”のだそうです。

“こうした場があると助かる。また来たい”と話していました。

 

お話を伺うと、地震発生直後から状況は余り変わっていないと感じました。

“心の状態は目に見えない分、これから回復のペースに差が出てくる時期だ”と、長年産後ケアに携わってきた助産師さんは話します。

だからこそ“無理をせず自分の歩幅で、少しずつ心を開いていってほしい”と話していました。

 02.jpg

    (お母さん同士で地震のときのことなどを話しあった)

 

熊本弁で“できる分だけ”を表す“できるしこ”。

できる分だけがんばって、無理をしないでと、エールを送りたいです。

投稿者:番組スタッフ | 投稿時間:11:56 | カテゴリ:番組スタッフ | 固定リンク


2016年09月15日 (木)

トム・ハンクスに会ってきました。 河野憲治

トム・ハンクスといえば、アメリカを代表する映画俳優。わたしもファンの一人です。最新作『ハドソン川の奇跡』のプロモーションで来日したのにあわせて、きょう、都内でインタビューしてきました。

20160915b.jpg

『ハドソン川の奇跡』は、7年前にニューヨークで起きた航空機事故が題材です。ハドソン川への不時着を決断し、155人全員の命を救った機長は一躍、英雄となりました。しかし、不時着以外の選択肢があったのではないか、無謀な判断で乗客の命を危険にさらしたのではないか、そんな疑いをかけられていたという実話がもとになっています。

この事故については、当時、私はアメリカに駐在していて、よく覚えています。イラク戦争が泥沼化し、リーマンショックで経済が落ち込んだ直後の出来事で、アメリカでは、久々の明るいニュースでした。ところが、英雄視された機長が、実は調査の対象となっていたとは・・・。映画の試写を見て、驚きました。

インタビューで、ハンクスさんは、自分が演じた機長が、追いこまれても信念を貫いた姿について、次のように語りました。
「彼は、何らかの怠慢があったと見なされたら、評判も仕事も、そして年金も失いかねないリスクにさらされていました。そんななかで、何よりも重要だったのは、彼の直感が正しいものだったということです。それは、4万人以上の乗客を運んできた長い経験で培われたものなのです。世の中には、大変な専門性と誇りを持って仕事に取り組んでいる人がいるのです」

「フォレストガンプ」や「プライベートライアン」など、さまざまな時代のアメリカを演じてきたハンクスさんに、今のアメリカについて聞きました。
アメリカ大統領選挙では、民主党のクリントン氏の支持者だと認めた上で、次のように話していました。
「大統領選挙の騒ぎの中で見失われていることは、アメリカはなかなかすごい国だということです。たしかに世界で占めている地位を維持することはできないかもしれません。ただ、アメリカはつねに自分で改善を続けている社会なのです。『前はこんなんじゃなかった』と文句を言う人はいつもいます。それでも大多数の人は、アメリカの理念を信じているはずです」

アメリカでは、11月に大統領選挙を控えて、格差の広がりや反移民の動きなど、社会の分断が目立ち、クリントン氏とトランプ氏の非難合戦も激しくなっています。そんななかでハンクス氏は、今回の機長のように、悩みながらも信念を貫いた人物の姿を演じることで、「アメリカは捨てたものではない」と訴えかけたいという思いもあったのではないかと感じました。

ところで、何度も来日したことがあるというハンクスさんに、滞在中に何をしたいか聞いたところ、「まず明治神宮に行きたい」。そして「他にも行きたい店がある。たとえば『東急ハンズ』とか」と、意外な答えが戻ってきました。

またインタビューの最中に誰かのスマホが鳴り響き、困ったなと思っていたら、ハンクスさんのポケットからでした。「ほんとにもう、こんなときにかけてきて」と謝っていました。どうやら、アメリカの家族からのようでしたが、スマホの音を切らずにやってきたあたり、映画での役柄でよく見るように、ちょっとおっちょこちょいな人という印象でした。

20160915.jpg

投稿者:河野憲治 | 投稿時間:19:03 | カテゴリ:河野憲治 | 固定リンク


2016年09月09日 (金)

スポーツの夏  田中泉

前回のブログからあっという間に時が過ぎ…9月もすでに9日。

最近は祝われることが少なくなりましたが、今日は端午の節句など5つの節句の一つ、重陽の節句です。

 

暦の上ではすでに秋になって一か月ほど、そろそろ涼しさも恋しくなってきます。

今日を境にまた秋が深まってくるのでしょうか…

まだ暑い日が続いていますが、食べ物くらいは秋らしいものを食べたいなあと思います。

tanaka1.jpg

 (初任地でお世話になった方から送られてきた富山の梨です!

   とってもみずみずしくって美味しい。元気の源です)

 

さて、かなり強引ですがそんなことから私の中で今日からを、本格的な秋だとしますと!(笑)

この夏は、昨日までいろいろなスポーツやアスリートに関連する取材をすることができました。

 

リオデジャネイロにこそ行きませんでしたが、オリンピックで輝いているスポーツ選手がどんな環境でどう成長してきたのか

国内でゆかりの場所や人を取材する中で、

ただただ「超人」に見えていた選手のことを、良い意味でより身近に感じることができました。

 

また自身の努力はもちろんのこと、本当に多くの人の支えがあっての晴れ舞台なのだということ、

そして選手からどれほど勇気をもらっている方々がいるのかということも強く感じた時間でした。

 tanaka2.jpg

 (レスリングの吉田沙保里選手を応援する三重県津市のパブリックビューイングの会場にて)

 

そして、昨日はリーグ優勝を目前にしたカープの町、広島の盛り上がりを取材してきました!!

同期の桑子アナなどから噂に聞いていたマツダスタジアムに行くのは初めてでしたが、うーん気持ちの良い空間ですねえ。

観戦しにきた皆さんが本当に楽しそうにインタビューに答えて下さった姿が印象的でした。

 

そして、お好み焼き屋さんからの中継。

お会いした皆さん熱くて、暖かくて、カープ愛にあふれていて…。

ほんの数時間でしたが、中継本番まで一緒に試合を見ながらハラハラドキドキ。

忘れられない時間となりました。

tanaka3.jpg

             (お会いした皆さんと記念撮影)

 

さて、私のスポーツの夏は終わりましたが、秋といえばスポーツの秋といいますし!

あ、、芸術、食、読書もある…つまりなんでもありですね。(笑)

 

取材を通して秋もどんな出会いがあるのかを楽しみに毎日過ごしたいと思います。

季節の変わり目、健康にはお互い気を付けましょう~(*^_^*)

投稿者:田中泉 | 投稿時間:15:07 | カテゴリ:田中泉 | 固定リンク


2016年09月02日 (金)

夏の思い出    鈴木奈穂子

街中を歩いているとお店に並ぶ服もすっかり秋物に…。

まだまだ残暑は厳しいですが、今年の夏も終わりか~という気持ちになります。

 

今年の夏休み、富山県の宇奈月温泉に行きました。

suzuki1.jpg

 

北陸新幹線に乗ったあと、富山駅から電車でゴトゴト1時間半。

 suzuki2.jpg

宇奈月駅からはとても可愛いトロッコ列車に乗って、さらにゴトゴト1時間半。

suzuki3.jpg

 ずいぶん山奥まで行きました。

緑に囲まれ、川のせせらぎを感じていると、日々の考え事など川の流れと一緒に。

 

な~んにも考えない時間がいかに尊く必要な時間か、再認識したひと時でした。

投稿者:鈴木奈穂子 | 投稿時間:14:03 | カテゴリ:鈴木奈穂子 | 固定リンク


カテゴリー

新着記事

ブログ内検索

カレンダー

2016年09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

バックナンバー


RSS

page top